横浜市中心部に地下鉄直結の複合施設が4月開業、マルエツの「リンコス」など出店

2020/01/20 09:47
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

横浜市中心部に地下鉄直結の複合施設が4月開業、マルエツの「リンコス」など出店
地上1〜3階の商業施設「北仲ブリック&ホワイト」に計19店舗が出店する

 三井不動産レジデンシャルと丸紅は4月23日、横浜市中心部にみなとみらい線・馬車道駅直結の複合施設「馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト(仮称)」を開業する。地上58階の高層ビルとなる同施設は、計19店舗が出店する商業・文化施設「KITANAKA BRICK&WHITE(北仲ブリック&ホワイト)」や分譲マンション「ザ・タワー横浜北仲」、サービス付きの滞在型宿泊施設「オークウッドスイーツ横浜」で構成される。

 北仲ブリック&ホワイトは地上1〜3階に入居、マルエツが高級食品スーパー「リンコス」を神奈川県で初出店するほか、「ローソン」や日本料理店「きじま」、「スターバックス」などの飲食店などが出店する。また、ライブ演奏を楽しめる「ビルボードライブ」が国内3店舗目となる座席数約300席のレストランを展開する。

 オークウッドスイーツは総客室数175室で、46〜51階に5月に開業の予定。5〜45階と52〜58階の高層分譲マンション、ザ・タワー横浜北仲の総戸数は1174戸と横浜市内では最大規模となる。

 馬車道駅はみなとみらい21地区の中心部にある「みなとみらい駅」から1駅で、観光名所である山下公園や元町、中華街なども徒歩圏内にある。北仲ブリック&ホワイトが面する本町通りの向かい側には横浜市の新庁舎が建設されており、20年6月に開設の予定だ。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media