記事タイトルバナー
 人口減少や高齢化といった社会の変化は、国内の消費市場縮小につながってくる。農林水産物や加工食品など生存に不可欠な“食”でも国内市場が先細りになることは確実だ。
流通・外食産業にとって、店舗スタッフの確保が課題となっています。採用の難しさに加えて、有能なスタッフの流出を防ぐ工夫も必要です。明るく働きがいのある職場づくりの
新規出店を成功させる第一歩は既存店の売上要因分析である。前回、前々回に紹介した実地調査の方法から、通行量や動線といったミクロの視点に加え、動線、マーケット規模、
新規出店にあたって正しい意思決定をするためのファクト(データ)をどうやって揃えるか。前回は、通行量、視界性、アプローチの3点に絞って、正しいデータの取得と評価に
新規出店にあたって正しい意思決定をするには、既存店のデータを活用するのが近道だ。だが多くの企業が、その準備段階で過ちを犯している。データ活用の過ち とは、ファク
新規出店を成功させる鉄則は、正しいデータに基づき予測を立てることに尽きる。前回はそれによって出店を見極める方法を紹介した。その一つが、既存店との比較分析を行うと
売上予測も地域調査も念入りに行って出店を決めたのに、なぜ不採算店となるのか――前回の「売上低迷の既存店改革」で説明したように、そもそも出店前の調査に大きな誤差が
店舗経営者の悩みは尽きない……    市場環境や消費者行動が急速に変化する中、流通小売企業の出店戦略が期待す
 小売業にとって顧客接点を拡大し、それをどう売上アップにつなげていくかが大きな課題。消費者の嗜好は多様化し、消費者にとってはリアル店舗とバーチャル店舗の垣根が
 「ピザーラお届け!」テレビコマーシャルでの印象的なフレーズを覚えている人は多いだろう。あのコマーシャルの放映が始まったのは1991年からだった。当時、宅配ピザ
 長引く不況の影でデフレ傾向から抜け出せない日本経済。しかし、そんな中でも「アンチデフレ戦略」を貫き、かつ成長している企業がある。JR東日本グループの飲料部門が
 消費不況のなかで、厳しく問われるマーケティング効果(=コスト)。最強のターゲット・メディアを駆使し、購買直結の店頭マーケティングを実践するカタリナ マーケティ
 「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」 9月2日ファーストリテイリング柳井正会長兼社長が長期事業計画を発表しました。DFオンラインではスピーチ全文を掲載し
 4月にメキシコや米国で感染が続出し始めた豚由来の新型インフルエンザは、5月16日に神戸市で海外渡航歴のない日本人男性の感染が確認されるにいたり、国内の感染状況