今注目の「Googleマイビジネス」集客 – アップガレージが推進するデジタルマーケティングの方法とは

2020/12/02 05:58
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代

次世代の集客プラットフォーム「Googleマイビジネス(GMB)」の活用を開始

Google検索画面の画像
「カーパーツ」など、関連用語で検索するだけで近隣の店舗一覧が表示される。アップガレージの口コミ数は圧倒的だ。

 今年7月から8月にかけてはGMBの積極的な運用を開始した。GMBとは、あらかじめ企業側が店舗情報を登録しておくことで、顧客がGoogle上で「地域×店舗名」「地域×ジャンル」といったキーワードを検索した際、検索結果の最上部や右側に周辺地域の地図とともに自社の店舗が表示されるもの。ユーザー側は口コミの投稿・閲覧も可能だ。日常的にGoogleで検索するユーザーが多い中で、強力な集客ツールとしての可能性を秘めているが、実際の運用には苦心する点もあった。
 1つは、店舗情報をリアルタイムに更新しなくてはならないという点だ。189店舗分のGMBの登録情報は、直営・フランチャイズ問わずすべて本社で管理しているが、営業時間の変更などの更新が追い付かずクレームの電話を受けたこともあるという。また、効果的な集客のためには口コミへの返信や管理も欠かせないが、一つひとつ対応するためには莫大な時間がかかる。情報の更新は丸一日を要し、口コミの返信には毎日数時間を費やしても全く追いつかないという状況を打開するために、一括での店舗情報の更新や、全店舗分の口コミを一元管理できるGMB管理ツール「Canly」を導入したところ、大幅な作業時間の短縮に成功。現在では一週間に一度まとめて数時間の作業で済むようになった。その分、口コミの集計・分析や店舗への迅速なフィードバックなどが可能になり、結果として顧客満足度を上昇させる効果も表れている。
 こうして最適化されたGMBは着実に実を結んでいる。来店や買取査定の予約はもともとホームページ上で受け付けていたが、GMBにも予約ページへの導線を設けたことで、GMB経由の予約が目に見えて増えたという。どの店に行こうかまだ具体的に決まっていないユーザーに検索を通じて認知してもらい、シームレスに予約まで誘導できるようになったことは集客上大きな役割をはたしている。

質の良い運用がもたらすもの

 SNSやGMBの活用によって、「デジタル経由でのブランドイメージの向上をめざしていく」と松山拓未氏。SNSやGMBがデジタルマーケティングにおいて必須となりつつある現代では、ただ運用するのではなく、迅速できめの細かい運用が必要になってくる。アップガレージは今後も双方向コミュニケーションを深化し続けることで、安心感と信頼のあるブランド構築をめざす。

 

アップガレージ:https://www.upgarage.com/
Canly サービスサイトはこちら https://jp.can-ly.com/

1 2 3

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media