今注目の「Googleマイビジネス」集客 – アップガレージが推進するデジタルマーケティングの方法とは

2020/12/02 05:58
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代

今、「Googleマイビジネス(GMB)」が新たなデジタルマーケティングツールとして注目を浴びている。Google検索を通じて、まだ自社の店舗やサービスをまだ知らないユーザーへも効率よくアプローチできることがその強みだ。GMBを積極的に活用している企業の一つであるアップガレージ(神奈川県/河野映彦社長)に、実際の取り組みについて取材した。

アップガレージ外観
アップガレージ練馬店の店舗外観。

メーン顧客層以外へのアプローチも可能なSNSマーケティング

 車・バイクのパーツ買取、販売を行っているアップガレージは、全国に直営・フランチャイズ合わせて189店舗を構え、リユースパーツ業界で高いシェアを誇っている。同社のデジタル化を担うDX事業部は10月に発足したばかり。新型コロナウイルスの流行によって客足が鈍り、オンラインでの情報発信や集客の必要に迫られたことがきっかけだ。
 オンラインでの情報発信に主に使用しているのはTwitterとLineで、そのほかFacebookや海外向けにInstagramも利用する。今年5月には、動画での情報発信のためにYouTubeチャンネルも開設した。これらのツールの中でもとくにTwitterは、顧客とのコミュニケーションの面で役に立っている。たとえば、10月17日にオープンした「アップガレージ新潟長岡店」(新潟県長岡市)は、河野社長がTwitterを通じて、どこに新規出店して欲しいかを広く尋ねた結果、実際の出店に結び付いた。また、取り扱っている商品の特性上メーンの顧客層は30~40代だが、Twitterでは中学生や高校生からのリアクションが多い。「(普通自動車免許を取得できる)18歳になったらアップガレージに行ってみたい」と、未来の顧客から声が寄せられることもあったという。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media