アンジェスと阪大のコロナワクチン共同開発、ダイセルが参画

2020/03/13 10:45
ロイター

都内で開かれた大阪大とアンジェスの記者会見
3月13日、アンジェスは、大阪大学と共同で行っている新型コロナウイルス対策のための予防用DNAワクチンの開発に、ダイセルが参画すると発表した。写真は5日、都内で開かれた大阪大とアンジェスの記者会見で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 13日 ロイター] – アンジェスは13日、大阪大学と共同で行っている新型コロナウイルス対策のための予防用DNAワクチンの開発に、ダイセルが参画すると発表した。この開発にはすでにタカラバイオが製造担当として加わっており、開発から製造までの一貫したプロセスで、6カ月以内のできる限り早い時期の臨床試験開始を目指すとしている。

ダイセルは、火薬を駆動力として、針を用いることなく薬液を特定の組織内に送達する技術を持つ。この技術をワクチン投与の際に使用することにより、遺伝子発現効率やワクチンの抗体産生力を上げることが可能となり、より有効性の高いワクチンの開発が可能となるという。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media