2023年初の新店はドミナントを埋めるレギュラー店! 「ヤオコー加須店」開店日レポート

2023/01/18 05:55
小野 貴之 (ダイヤモンド・チェーンストアオンライン 副編集長)
Pocket

ヤオコー(埼玉県/川野澄人社長)は2023年1月17日、埼玉県加須(かぞ)市に「ヤオコー加須店」(以下、加須店)をオープンした。埼玉県を地盤とする同社だが、加須市への出店は初となる。ヤオコーの2023年初の新規出店となる同店ではどのような商品がみられたのか。総菜を中心に、同店の商品政策を見ていこう。

ヤオコー
ヤオコー加須店の外観

イトーヨーカドー跡地に出店!

 ヤオコーが今回オープンした加須店は、東武鉄道伊勢崎線「加須」駅から直線距離で約800mの場所にある。加須市は、埼玉県の北東部に位置し、茨城県と栃木県の県境と接する。

 近隣の自社店舗としては、加須店から北西約6.5kmに「ヤオコー羽生店」(埼玉県羽生市)、南約6.4kmに「ヤオコー久喜菖蒲店」などがあるものの、いずれも若干離れた場所にある。ヤオコーにとっては埼玉県北東部ドミナントの空白地帯を埋める出店となる。

 出店場所は、2021年に閉店した「イトーヨーカドー加須店」の跡地。旧店をスクラップしての新規出店だ。敷地内には、100円ショップの「ダイソー」、ドラッグストアの「ウエルシア」、衣料品店の「パシオス」(2023年2月開店予定)などが入り、近隣型ショッピングセンターを形成する。

 同店周辺は戸建て住宅や個人商店が建ち並ぶ住宅街が広がる。足元1km商圏の人口は、約5000世帯/約1万人と若干少ないが、クルマ利用が多いという地域特性を踏まえ、クルマで10分圏内の広域から集客を図りたい考えだ。

 売場面積は、ヤオコーでは標準規模となる597坪。取り扱いSKU数は、生鮮が1190、グロサリーが1万3000、デリカが310となっている。

1 2 3 4 5

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media