デジタル化と省力化でコスト削減、値下げ原資に 売上30%増目指すビッグ・エー、フューチャーストア2号店の全貌!

2020/12/21 05:55
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代

自動割引適用、特大バーコードなどレジ周りのアイデアも

 一方、さらなるローコスト運営を追求するべく、店内作業の効率化にも余念がない。一例がレジ回りの業務だ。今回新しく導入したものに、割引商品の自動売価変更がある。売場で値下げシールを貼る際、同時にバーコードの位置に特殊なシールを貼付。レジではバーコードを読み取るだけで、このシールが認識され自動的に割引が適用される。レジでの一手間を削減し、割引の見落としを防止する効果もある。

自動割引適用シールの画像
バーコードの左側にある二重丸のシールを読み取ることで、レジで自動的に割引が適用される。割引表示のシールと切り離し、ウラ面のバーコードに貼り付けることもできる

 また以前からの取り組みとして、通常目立たない位置に小さく表示されているバーコードを、一部のPBでパッケージのオモテ面に大きく引き伸ばして印刷する工夫も拡大中だ。手にとった瞬間探さなくてもバーコードの位置が分かる工夫で、こういった商品は現在約120SKUまで増えたという。

特大バーコードの写真
パッケージオモテ面に引き伸ばして印刷されたバーコード。もちろんどこを読み取っても反応するため、レジでの手間削減になる

1 2 3

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media