デジタル化と省力化でコスト削減、値下げ原資に 売上30%増目指すビッグ・エー、フューチャーストア2号店の全貌!

2020/12/21 05:55
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代

関東圏を中心にディスカウントストアを展開するビッグ・エー(東京都/三浦弘社長)は11月21日、「ビッグ・エー葛飾西亀有店」(東京都葛飾区:以下葛飾西亀有店)をリニューアルオープンした。同店は、2019年7月に改装した「ビッグ・エー足立扇店」(東京都足立区:以下足立扇店)に続き、新規施策を実験的に取り入れた“フューチャーストア”二号店。「1円でも安く」をモットーに掲げるビッグ・エーの新たな取り組みについてレポートする。

ビッグ・エー葛飾西亀有店の店舗外観
11月21日にリニューアルオープンしたビッグ・エー葛飾西亀有店。改装に伴ってバックヤードの壁を一部取り除き、売場面積を130坪から150坪に拡大した

改装の目玉は「デリベイク」と「トレジャーアイランド」

 JR常磐線「亀有」駅から徒歩13分の住宅街に位置する葛飾西亀有店は、もともと倉庫だった建物を利用した店舗。広々とした店内は明るい照明もあいまって清潔感溢れる雰囲気だ。改装後の葛飾西亀有店の売上目標は、先んじて改装した足立扇店よりも10ポイント高い130%(改装前比)。この目標を達成するため葛飾西亀有店は、売場にさまざまな仕掛けを施している。

 改装の目玉の一つは、店内焼成のパンを提供する「デリベイク」の導入だ。店舗入口から見て突き当たりに設置、一袋89円均一(本体価格)という安値やシズル感を強く訴求することで、来店客を店の奥まで誘導する役割を持たせた。

 もう一つの目玉は「トレジャーアイランド」だ。キッチン用品などの雑貨を格安でワゴンに陳列し、”売り切れ御免”で販売するコーナー。足立扇店から導入が始まった売場で、葛飾西亀有店では売場・品揃えを大幅に拡充した。コロナ禍で注目の集まったアウトドア用品や、筋トレ・ストレッチ用品などの健康器具を豊富に揃え、改装に伴って売場の位置も店舗奥から中央付近の目につきやすい場所に変更した。売れ行きは好調で、トレジャーアイランドで扱う商品の中では比較的高額の、2480円(本体価格)のアウトドア用チェアなどがとくによく売れているという。

 実際にこれらの取り組みは売上の底上げに貢献しており、「目標としていた伸び率を現時点で達成できている。好調な滑り出し」と三浦社長は話す。

店舗内の通路
店舗奥側から見た様子。向かって右側がトレジャーアイランド。広く確保された通路はカート同士が余裕を持ってすれ違え、滞在時間の延長や回遊性の向上に貢献している

1 2 3

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media