注目新店レポート!「ロピア吹上店」の売場から見えた「進化」とは!?

2020/06/04 05:45
矢野清嗣

ロピア(神奈川県)は5月18日、埼玉県鴻巣市に「ロピア吹上店(以下、吹上店)」をオープンした。ロピアにとって49店舗目となる店舗で、2019年春に閉店した「アピタ吹上店」の跡地に居抜き出店した。同店ではどのような売場づくりをしているのか。(調査日5月24、28日)
※本文中の価格はすべて本体価格

「ロピア吹上店」が入るショッピングセンター「FUJI MALL吹上」

旧アピタ跡に居抜き出店!

 ロピアにとって49店舗目、埼玉県では7店舗目の出店となる吹上店は、JR高崎線「北鴻巣」駅の北東1.6kmの場所にある。2019年春に閉店した「アピタ吹上店」の跡地に開業したショッピングセンター「FUJI MALL吹上」の核テナントで、同店のほかに「スギ薬局」「島忠ホームズ」「セリア」などが入る。国道17号線沿いにある商業施設で、周辺は住宅のほか企業の工場も多い。住宅街への出店が多いロピアとしては少し珍しい立地と言えるかもしれない。

 「アピタ」の運営元であるユニー(愛知県)は現在、不採算店舗をドン・キホーテ(東京都)との「ダブルネーム店舗」に業態転換している。本来であれば、旧アピタ吹上店もダブルネーム店舗へ転換するはずだが、「北鴻巣」駅から南東1.2kmの場所に「MEGAドン・キホーテ北鴻巣店」があるため、閉店という選択になったと見られる。

売場面積約500坪、店内随所でメッセージを発信

 旧アピタ店舗の再生を担う、吹上店ではどのような売場づくりをしているのだろうか。

 吹上店の売場面積は、約500坪(歩測)。歩測ではあるが、ロピアの全49店舗(2020年5月末時点)中の約半数が売場面積500坪前後となっており、ロピアが最も得意とする店舗スタイルであると思われる。

 ロピアの店舗に共通する特徴といえば、天井から「標語」を吊り下げたり、売場内の壁面に絵を描いたりといった、空間演出だ。吹上店でも、入口からすぐの生鮮ゾーンの天井から「常に挑戦進化」「売場が踊る」「自分達が主役だ」「スーパーマーケットではなくロピアを創る」と書かれたサインを約70枚吊るしている。精肉売場壁面には、牛肉の部位を住めす大きな説明図が掲げられており、店内に賑わいをもたらしている。

1 2 3

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media