「ロピア ららぽーと堺店」が開業! “ららぽーと”との蜜月はより強固に、そして海も越える?

雪元 史章 (ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長)
Pocket

三井不動産(東京都)は11月8日、大阪府堺市に関西エリアでは4カ所目となる「ららぽーと堺」を開業した。同施設の食品ゾーンの核テナントの1つとして出店したのはロピア(神奈川県)。関西では13店舗目、堺市内では初めてとなる「ロピア ららぽーと堺店」(以下、ららぽーと堺店)を同日オープンしている。ららぽーととロピアの”最強タッグ”は関東ではほぼ証明されているが、関西では初めての事例。そしてこの店は、2社の今後の関係性を”深読み”したくなる要素にあふれている。

「リアル回帰」を見据えた施設づくり

1階フロア中央部に設置された約2500㎡の屋内型スタジアムコート「Fansta XROSS STADIUM」」
1階フロア中央部に設置された約2500㎡の屋内型スタジアムコート「Fansta XROSS STADIUM」」

 「ららぽーと堺」は堺市中心部から東へ約9㎞、府内を南北に貫く国道309号線沿いに開業した。高速道路のインターチェンジも至近にあるほか、大阪メトロ御堂筋線「新金岡」駅や近鉄南大阪線「河内松原」駅などからバスでのアクセスも可能な立地だ。関西エリアの「ららぽーと」としては「ららぽーと甲子園」(兵庫県西宮市)、「ららぽーと和泉」(大阪府和泉市)、「ららぽーとEXPOCITY」(大阪府吹田市)に続く4カ所目、国内全体では18カ所目のオープンとなる。

 建物構造は地上3階建てで、敷地面積は約7万4300㎡、延床面積は約14万3600㎡。「ららぽーと」ならではのこの広大な規模の中に、関西初進出・堺市初出店を含む212のテナントが店を構えている。

 施設コンセプトは「Our Next Channel」。コロナ禍を経て時代や社会が目まぐるしく変化する中で、あらゆる生活シーンや多様な嗜好に合わせた買物チャネルを提供するというのが、ららぽーと堺がめざす姿だ。実際に施設内を見てみると、「リアルな体験」を楽しめる要素が随所に埋め込まれている。

 最も象徴的なのは、1階フロアの中央部分に設置された「Fansta XROSS STADIUM(ファンスタクロススタジアム)」。約2500㎡の広さを誇る屋内型スタジアムコートで、スポーツイベントや音楽ライブなどが開催される。542インチの大型ビジョンや、スタジアムコートを取り囲むように張り巡らされたサイネージによって臨場感を演出。ライブビューイングなどにも対応する。また、飲食テナントが集積した「Sakai Food Stadium」も併設されており、イベントを観覧しながら飲食を楽しめるようになっている。

 このほか、屋外スペースにもライブ用のステージや、スケートボードやBMXが楽しめる「アーバンスポーツゾーン」、子供が安心して遊べる「プレイゾーン」などを設置。多くの人が集まる業態だけに、コロナ禍では休業や時短営業などを迫られ苦境に立たされたショッピングセンターだが、ららぽーと堺ではアフターコロナを見据えた「リアル体験重視型」の施設づくりが行われている。

関西でも「ららぽーと+ロピア」のタッグに自信?

関西のららぽーとでは初めての出店となったロピアららぽーと堺店
関西のららぽーとでは初めての出店となったロピアららぽーと堺店

 さて、このららぽーと堺の食品ゾーンの核店舗の1つとして出店したのが、ロピアのららぽーと堺店だ。20年9月の関西進出以降、大阪、兵庫、京都、奈良で瞬く間に10店舗超の店舗網を構築し、関西の消費者からも大きな支持を集めているロピアだが、堺市内では初出店。また、「ららぽーと」へのテナント出店としては「ららぽーとTOKYO-BAY」(千葉県船橋市)、「ららぽーと海老名」(神奈川県海老名市)に続く2例目。関西のららぽーとでは初めての出店事例となる。

 三井不動産専務執行役員商業施設本部長の広川義浩氏は、「関西での出店を進めているロピアさんのエリア戦略と(自社の出店戦略が)合致したところもあるし、よい商品を良心的な値段で提供するロピアさんは堺でも受け入れてもらえるのではないかということで出店をお願いした」と経緯を説明。関東圏のららぽーとに出店している前述の2店舗は繁盛店に成長しており、三井不動産とロピアともども、関西圏でも同じタッグが通用するとの自信があったのだろう。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media