ロピアと至近で競合! エイビイ海老名店に見た、ローコストオペレーションの真髄

矢野清嗣
Pocket

ヤオコー(埼玉県/川野澄人社長)傘下でディスカウントスーパーを展開するエイヴイ(神奈川県/川野澄人社長)は2月16日、同社14店舗目となる「エイビイ海老名店」(以下、海老名店)をオープンした。前編では、同店の青果、鮮魚、精肉売場をレポートした。後編となる本稿では日配、冷凍食品、菓子、加工食品、酒類の売場を解説。同店の強さに迫ってみたい。
調査日=2月23、27日、3月5日 ※本文中の価格はすべて本体価格

エイビイ海老名店の外観

日配・加工食品・冷食は売れ筋NB中心の構成

 和日配はオーソドックな売場配置で、陳列もどこかゆったりとした印象を感じる。商品を見ていくと、豆腐はロピア(神奈川県/高木勇輔代表)でも扱いのある「ハギハラ」の商品を揃えおり、「濃い豆乳絹ごし豆腐・木綿350g」(54円)を販売。こだわり商品としては、「おとうふ工房いしかわ・究極のきぬ350g」(148円)、「ヤシマ食品・相模の国大山絹350g」(98円)などを揃える。

 納豆は売れ筋をベースに31SKUでラインナップしており、オープンケース最下段で「タカノフーズ・極小粒ミニ50g×3」(65円)、「オーサト・昔ながらの納豆屋さん40g×3」(45円)を価格訴求していた。全体的に和日配はナショナルブランド(NB)の売れ筋をベースとした堅実な対応である。洋日配も同様にNB売れ筋をベースとした商品構成となっていた。

 冷凍食品・アイスクリームは広く売場を割いており、冷凍食品を重視した構成となっている。こちらもNBを中心としたバランスのよい品揃えで、「業務用商品」「餃子」「唐揚げ」をとくに充実させているようだ。

 調査日は「ハーゲンダッツジャパン・ミニカップ」各種を1家族10点限り限定で128円の超特価で提供。開店時から売場に列ができ、スタッフ4~5人が対応に追われていた。正午過ぎに一度売り切れとなったものの、再入荷で午後も販売を継続していた。

 加工食品はほかの既存店と比べて売場面積が広いこともあって、商品の扱いも多い。たとえば、2018年オープンの「新鶴見店」(神奈川県横浜市、売場面積1100坪)では、海苔コーナーは12尺84SKUの扱いだったが、海老名店では18尺120SKUを扱っていた。同様にパスタコーナーも21尺で、「スパゲティ」34SKU、「マカロニ」28SKUと新鶴見店(合計40SKU)とくらべて大幅に増えている。

 菓子はジャンブルケースを多用して売場を展開する。「浪花屋製菓・柿の種ピーナッツ入り6袋入」(178円)、「不二家・カントリーマアムチョコまみれ」(168円)など売れ筋NBをEDLP(エブリデイ・ロープライス)で提供する。

 酒類はエンドを含めると約170尺で売場を展開しておる、売場スペース構成比も9%と高い。圧巻は日本酒銘酒一升瓶の品揃えで、346本のスペースで、「獺祭」「久保田」「景虎」「剣菱」など104本をラインナップ。同様に、焼酎乙類も充実させており、3尺4段6本で「佐藤」「魔王」「「いいちこ」など一升瓶128本を揃える。この品揃えは地域ナンバーワンであるのは間違いないだろう。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media