スンドゥブ市場、需要期に向けた店頭での露出アップがさらなる需要拡大のカギ

文:山田陽美
Pocket

韓国ドラマやK-POPなどの韓流ブームを追い風に伸長を続けているスンドゥブの素。市場はまだ小さいため、喫食経験率を上げることでさらに拡大することができそうだ。秋冬の需要期に向けて、店頭で露出を図り需要アップをめざしたい。

丸大食品の「スンドゥブ」が圧倒的な強さでトップをキープ

 韓国の家庭料理のスンドゥブは、唐辛子のカプサイシン効果に加え、豆腐を使うことからヘルシーメニューとして人気だ。家庭で手軽につくれるスンドゥブの素も堅調に推移。韓流ブームの影響で中高年だけでなく若年女性からも関心を集めている。

 スンドゥブカテゴリーの販売金額構成比ランキング(2022年1月~12月)では、丸大食品の「スンドゥブ マイルド」がシェア31.39%でトップ、「スンドゥブ 辛口」がシェア20.79%で2位となった。この2商品が圧倒的な強さでシェア52.18%を獲得した。2007年発売の「スンドゥブ」は今年で17年目を迎えた。本格的な味わいが口コミで広がり、需要拡大が続いている。また毎年恒例のキャンペーンなどで新規ファンを獲得している。

スンドゥブのイメージ
スンドゥブは韓流ブームの影響で中高年だけでなく若年女性からも関心を集めている

 そのほか、個食3袋入りの「スンドゥブ マイルド」と「スンドゥブ 辛口」が10位と12位に入った。ベースのだしを海老に変えた「海老スンドゥブ」は13位で、鮮魚売場の活性化につながっている。15位の「辛そうなのに辛くないスンドゥブ」は「家族みんなでスンドゥブを楽しみたい」というユーザーの声から誕生したやさしい味わいの商品で、これまで取り切れなかった家族向けのスンドゥブとして需要を広げている。カテゴリーリーダーとして丸大食品ではさまざまなニーズに対応したスンドゥブを品揃えするほか、SNSを活用した情報発信やキャンペーン、喫食イベントなどで、継続的な需要拡大を図っている。

1 2

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態