「濃厚&とろける」がキーワード? 「バスチー」以降のチーズケーキのトレンドを振り返り!

フードライター:笹木理恵
Pocket

スイーツの中でも人気の高いジャンルのひとつ、チーズケーキ。その時々でトレンドはあるものの、北海道を代表するお菓子ブランド「ルタオ」の「ドゥーブルフロマージュ」や、大阪のチーズケーキ専門店「りくろーおじさんの店」の「焼きたてチーズケーキ」など、息の長いロングセラー商品も多く、時代を超えて幅広い世代に愛されるスイーツであることがわかる。

シリーズ累計6400万個以上を販売した「バスチー」 ※画像提供/ローソン

コロナ禍で進む、チーズケーキの「オンライン化&高級化」

 昨今のトレンドで見ると、記憶に新しいのが2018~2019年頃に流行した「バスクチーズケーキ」だ。フランスとスペインにまたがる、バスク地方発祥と言われるチーズケーキで、都内を中心に専門店が増えるとともに、2019年3月にローソンが「バスチー」を発売したことで一気に知名度は全国区となった。

 その後、日本中がコロナ禍に見舞われる中で盛り上がりを見せてきたのが、自宅にいながらにして購入できる「通販チーズケーキ」。その筆頭は、オンラインのみで展開し、販売後瞬く間に完売となるため入手困難と騒がれた「ミスターチーズケーキ」だろう。

 レストランで食べるようなデザートをイメージし、「人生最高のチーズケーキ」をコンセプトに開発された同商品は、バニラ、トンカ豆、レモンを使った香り高い味わいと、とろけるような食感が特徴。以後、同店に続くように、高級路線のチーズケーキ専門店がオンライン上に次々と登場している。

ローソンの新チーズケーキに見る、昨今のトレンド

 最近では、ローソンが2022年9月に発売した「濃厚生チーズケーキ」が好調だ。ローソンの「Uchi Café」スイーツ史上6番目の速さで累計販売数100万個を突破し、発売7日で累計販売数は120万個以上。「濃厚生チーズケーキ」の発売に伴い、「バスチー」の販売を終了したことからも、次のトレンドへと移り変わったことがわかる。

ローソンの「濃厚生チーズケーキ」※画像提供/ローソン

 「濃厚生チーズケーキ」は、昨今のチーズケーキのトレンドである“とろける食感”と“濃厚な味わい”、“後味の良さ”をテーマに開発された。生地には2種類のチーズをブレンドし、小麦粉は不使用。低温でじっくり湯煎焼きすることで、とろけるような食感を生み出している。

 さらに興味深いのは、香りづけに3種類の柑橘(日向夏・いよかん・ライム)を加えている点。先の「ミスターチーズケーキ」以降、チーズケーキにおける香りの要素が重視されているという一例でもあり、従来のチーズケーキの香りづけにはレモン、といった方程式以外の味づくりは今後も増えてくるだろう。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media