コロナウイルス感染拡大で活況、中国のテクノロジーを駆使した安全な“巣ごもり” 経済

2020/03/31 05:45
ニールセン・カンパニー (Japan)

世界各国で感染が拡大している新型コロナウイルス。感染拡大の最中さまざまな難題に向き合い、そして「終息後」を見据え始めた中国の小売業界の「今」についてお届けする。自主隔離により自宅で過ごす人が多い中、その暮らしぶりは我々日本人が思う以上に快適な生活を送っている実態も明らかになった。

パソコンを操作する女性
istock.com/allensima

 中国では、新型コロナウイルスの感染が拡大し多くの人が自主隔離を促された結果、 「“巣ごもり”経済」が活発化している。中国における新型コロナウイルスの感染拡大に関するニールセンの最新調査では、この「巣ごもり経済」とその新たな消費傾向が明らかになった。

 ニールセン中国社長、ジャスティン・サージェントは「中国政府は、ウイルスを効果的に封じ込める一連の包括的な対策により、流行に迅速に対応しました。政府のこのタイムリーな対応により、人々の危機克服への自信は大いに高まりました。自主隔離により外出が制限されましたが、この結果、新たなライフスタイルが生まれ 「巣ごもり経済」を後押ししたと言えます。オンラインショッピング、オンライン教育、在宅勤務は急速に拡大・発展しています。消費者は、安全に暮らしながら買い物や娯楽など日々のニーズを満たすべく状況にすばやく適応しています」とコメントしている。

安定供給が信頼感に貢献

 中国国内でウイルスは徐々に封じ込められており、消費者の信頼感は向上し続けている。ニールセンの調査では、調査対象となった中国の消費者の92%は、中国がこの状況に打ち克つだろうと自信を示している。この信頼感は、中国政府の適切な予防管理対策、タイムリーで透明性のある情報開示の結果であると言えるだろう。消費者の82%が、感染拡大時における情報開示の透明性を認めている。

楽観的な中国の消費者

 衛生関連アイテムの十分かつ安定した供給が不可欠であることは言うまでもあない。同時に、消費者が自宅にいながら生活を楽しめるという状況が、感染拡大制御への信頼感を確かなものにしたことも特筆すべき点だ。感染拡大の最中、効率的でスピーディーなオンラインショッピングが消費者の日常的なニーズを満たし、多様化したオンラインエンターテインメントやその他のアプリケーションは娯楽やレジャーとして機能し続けている。さらに、家族、友人、ペットと過ごす時間が増えることに対しても大部分の人が好意的だ。

 ニールセンの調査によると、インターネット、ビッグデータ、メディアコンバージェンスなど最先端テクノロジーが、感染拡大に際し最新情報の迅速な伝達に貢献したことが分かっている。治療と隔離措置は継続的に実施され、リスクはリアルタイムでモニターされ、無人偵察機や遠隔医療といった最新技術もウイルス対策に貢献した。

 人々は自主隔離により自宅外での活動を制限されたが、 O2O(オンライントゥオフライン)生鮮食品販売プラットフォームなど人的接触のない配送サービスが日常生活の維持に役立ったことも分かっている。こうしたサービスやオンラインショッピングは、消費者の生活を便利にするのみならず、感染予防にも貢献したと言えるだろう。

中国の消費者の”巣籠り”生活を彩っているのは?

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media