週刊コンビニニュース 広がりに期待したい地域限定の開発商品

2019/11/26 06:25
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局 

 ローソンは、函館にゆかりの新商品を道内680店舗で発売する。コンビニエンスストアチェーンの地域限定の商品開発や販売が盛んだが、せっかく開発したのに、期間限定で域内だけの展開にとどまってしまっているのは、なんとなく惜しい気がする。商品によっては、域外でも支持される可能性がなくはないと思うのだが・・・。発生するコストを吸収する以上の売上が期待できる商品を、域外の消費者にも知らせて購入してもらえるような手立て、仕掛けづくりはないものか。(11月19日から25日のニュースをまとめました)

ローソン

①セブン-イレブン
移動販売の『セブンあんしんお届け便』100台突破


 買物支援サービスの移動販売車が、1122日の高知県での稼働開始に伴い、11232県で100台を突破。本格的な展開に向けて動き出す。
 『セブンあんしんお届け便』は茨城県で20115月にスタート。全国のセブン-イレブン店舗で導入を進めてきた移動販売サービスで、1122日に高知県日高村で稼働したことにより100台体制となった。高齢化や人口減少、食料品販売店の減少といった社会環境の変化を背景に、多くの地域で日常の買物に不便さを感じる消費者が増えてきた状況に応えるもので、100台突破を機に本格的な展開をめざす。
 おにぎりや弁当、パン、飲料などのほか、日用雑貨を含め約150アイテム以上の商品を積載。軽トラックながらも、常温から冷凍まで、各種食品や飲料に対応するため、4つの温度帯で商品を管理、運搬する。

 

②ファミリーマート
コインランドリー「Famima Laundry」が北海道初出店

  1126日、「Famima Laundry 札幌川沿4条店」がオープンする。ファミリーマートとコインランドリー・サービスを融合させたもので、北海道では1号店となる。
 「Famima Laundry」の1号店は、20183月に開店した千葉県・市原辰巳台西二丁目店で、今回の出店で9号店となる。「Famima Laundry」では、スマートフォンを活用して洗濯機の稼働状況や予定終了時間を確認できるほか、ファミリーマートとの一体型または同一敷地内での展開となるため、待ち時間に店内のイートインも利用でき、相乗効果が期待できる。

③セブン-イレブン
商品寄贈で協定締結

 1120日、石川県社会福祉協議会、石川県と『商品寄贈による社会福祉貢献活動に関する協定』を締結。店舗の改装時などに発生する在庫商品の一部を、石川県社会福祉協議会へ寄贈し、食品ロス削減への対応と社会福祉貢献活動に役立てる。寄贈商品は、石川県社会福祉協議会と市町村社会福祉協議会を通じて、支援を必要とする個人・世帯・障がい者などの当事者団体やボランティア・NPO法人など福祉活動団体に提供される。

④ファミリーマート
「出張お母さん食堂」のキッチンカー初出店

  全国の店舗で展開するオリジナル惣菜・冷凍食品のブランド“お母さん食堂”のキッチンカーを、1112日から24日までの期間限定で、二子玉川ライズ(東京都世田谷区)で「出張お母さん食堂」として出店。1117日には、キャイ〜ンの天野ひろゆき氏が一日店長として登場。キッチンカーで実演販売を行った。

⑤ローソン
函館市と「協働のまちづくりに関する協定書」締結

 函館市とローソンが互いに持つリソースを活かし、函館市における地域の一層の活性化と市民が安心して暮らせるまちづくりをめざし、1122日に締結。包括協定締結は今回で、全国64自治体となった。

⑥セブン-イレブン
和歌山県の産品使用の2

 和歌山県が進める県産品の魅力を発信し、健康増進に寄与する「おいしい!健康わかやま」の取り組みを応援するため、県下86店舗で1126日から期間限定発売する。和歌山県産の野菜を使用した『白身魚の和風あんかけ丼』(税抜420円)と、たっぷりの野菜と同県湯浅地区の醤油を使用し、味付けしたチキンをはさんだ『チキンとたまごのお野菜サンド』(税抜298円)の2品。

⑦ファミリーマート
キリンビールと初の共同開発商品

 “自分のための時間に寄り添う、豊かな香りで余韻まで楽しめるビール”をコンセプトに開発した「キリン・ザ・ホップ香りの余韻」を、1126日から通年商品として全国発売する。350ml227円(税込)、500ml298円(税込)。

⑧ローソン
岐阜県産食材のベーカリー

 岐阜県立大垣養老高等学校の生徒6名と共同開発したベーカリー「もちっとショコラ」(税込130円)を、1126日から発売。共同開発の取り組みは今年で10年目となる。岐阜県産「ハツシモ」の米粉を練り込んだ生地で求肥を包み、上からシュー皮をかぶせて焼き上げた。

 ⑨ローソン
青森県限定の食物繊維にこだわった
3

 食物繊維が手軽に摂れる「スープカレー(もち麦と雑穀ご飯」(税込498円)、「青森県産帆立のクリームシチュー」(税込258円)、「手巻きもち大麦くるみパン」(税込120円)の3品を、1126日から県内ローソン268店舗で発売する。青森県などを中心に昨年6月に立ち上げた、「食物せんいと食生活啓発コンソーシアム」が監修した。

 

⑩ローソン
“新感覚スイーツ”の新作
2

  1126日に、「とろチ〜-とろっとチーズ-」(税込240円)、「とろテ〜ラ-とろっとカステラ-」(税込230円)を全国発売する。とろりとした中身が特長の商品で、冷たくても温めても美味しく食べられる“新感覚スイーツ”。ローソンはこれまで、「バスチー」や「サクバタ」など、合計21種類の“新感覚スイーツ”を発売し、シリーズ累計販売数5,500万個を超えた。

 

⑪ローソン
函館ゆかりの
3品を道内680店舗で発売

 1126日、函館市との「協働のまちづくりに関する協定書」締結を記念して、函館産かぼちゃペーストを使用したデザートや函館タナベ食品の明太子を使用したパスタなど、函館にゆかりのあるオリジナル商品3品を道内680店舗で発売する。ローソン京橋駅前店(東京都中央区)、ローソン世田谷奥沢5丁目店(東京都世田谷区)でも「函館市アンテナショップ(函館もってきました。)」を開設しており、3品を紹介、販売する。

・「明太子クリームパスタ(函館タナベ食品の明太子使用)」(税込498円)
・「冷たいかぼちゃクリームパン(函館産かぼちゃペースト入りクリーム)」税込190円)
・「ホイップデニッシュ(函館美鈴珈琲使用)(税込130円)

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media