イオン北海道20年度決算、過去最高売上高で増収増益 2021年度は今後の成長に向けて「ストレッチする年」

「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代
Pocket

イオン北海道(北海道/青栁英樹社長)は4月9日、2021年2月期決算説明会を行った。通期業績は上期に引き続き好調を維持、売上高、営業利益、経常利益で過去最高を更新する結果となった。

 

昨対売上高172.1%で過去最高を更新

 イオン北海道の21年2月期決算は、売上高3199億円(対前年同期比172.1%)、営業利益93億6500万円(同115.5%)、経常利益92億9700万円(同115.7%)と増収増益、いずれも過去最高値を更新した。また、純利益は58億5200万円(同151.1%)だった。増収増益の要因として、コロナ禍における内食・巣ごもり需要の取り込みや、20年3月の旧マックスバリュ北海道との経営統合による合理化・経費削減などが挙げられる。

 通期の業態別売上高では、上期、緊急事態宣言による専門店の休業などで打撃を受けたGMS(総合スーパー)事業が下期では徐々に回復、売上高1750億1800万円、売上構成比54.7%で最多となった。ただし、前期比ではコロナ禍で需要を伸ばしたSM(スーパーマーケット)・DS(ディスカウントストア)事業が伸長。全店売上高前期比でSM事業が105.6%、DS事業が107.0%となった。

 部門別の売上高では、食品部門が全店売上高前期比217.2%で10期連続の増収となり、コロナ禍で需要が抑制された衣料などの売上減を下支えた。また、住居余暇部門では、巣ごもり需要を満たすゲーム関連商品や手芸用品の充実が功を奏し、同114.0%と好調な着地となった。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media