業態の栄枯盛衰がくっきり 日本の小売業トップ20社ランキング・2020年版

油浅健一
Pocket

新型コロナウイルス感染症の影響拡大で激動の1年となった2020年。決算発表では明暗が鮮明になったが、今回は3月期決算以降の企業を除けば、その影響を受ける前の業績を反映した2020年版の日本の小売業トップ20社ランキングを公開する(本ランキング掲載の65%の企業が2月期決算企業)。上位に大きな変動はなかったが、業態別の盛衰がにじみ出る、現在の勢力図を反映した結果となっている。

コンビニ3社がトップ3独占 百貨店は衰退が鮮明に

 2020年の小売業上位20社のランキングはここ数年と大きく変わることはなかった。1位はセブン-イレブン・ジャパン、2位ファミリーマート、3位ローソンでコンビニエンスストア(CVS)大手3社がトップ3を独占。小売キングとしての強さを示した。

 CVSの強みは小さな店舗を網の目のように張り巡らせ、地域に密着し、多様な商品・サービスを提供。不便を解消することにある。最新テクノロジーの活用にも積極的で、盤石の態勢を固めつつある。この真逆といえる百貨店業態の凋落が止まらないことが、小売業の明暗を逆説的に証明している。

 かつてはランキングトップ10が常連だったその百貨店は、ついに本ランキングでは上位10社に1社も名を連ねなかった。高島屋の11位が最上位で、大丸松坂屋百貨店18位、そごう・西武が20位に食い込むのがやっとだ。しかも3社とも対前年比マイナス(それぞれ-1%、-3.6%、-2.5)で、衰退に歯止めがかからない。

 2021年に入り、高島屋がコワーキングスペース、大丸松坂屋は診療所や図書館の誘致に乗り出し、脱百貨店を進めている。さらに大丸松坂屋は衣料のサブスクリプションをスタートし、オンラインも強化。いわゆる百貨店らしさに固執しない取り組みでこの流れになんとか抗おうとしている。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media