ファミマ、11月12日で上場廃止に

2020/10/26 10:45
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

ファミリーマートの看板
東証1部に上場するファミリーマートの株式は、11月11日まで整理銘柄に指定された後、同月12日をもって上場廃止となる予定。写真は都内で2010年11月撮影(2020年 ロイター/Yuriko Nakao)

 ファミリーマートは10月22日、臨時株主総会を開き、上場廃止に向けた株式併合と定款の一部変更を決議した。この結果、東証1部に上場する同社の株式は、11月11日まで整理銘柄に指定された後、同月12日をもって上場廃止となる予定。

 ファミマの親会社である伊藤忠商事は、ファミマに対してTOB(株式公開買い付け)を行い、8月に成立した。TOBの成立により、伊藤忠はファミマへの出資比率を50.1%から65.71%に引き上げた。残りの株式については、株式併合によって取得する。

 伊藤忠はファミマを完全子会社化した後、全国農業協同組合連合会(JA全農)と農林中央金庫にファミマ株の4.9%を売却し、戦略パートナーとして関係を強化する方針だ。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media