「塚田農場」の弁当がじわりと人気を集めている理由

2020/02/13 05:40
別冊「総菜イノベーション!」編集部

「塚田農場」「四十八漁場」などの屋号で国内外に約260店舗の飲食店を展開する、外食大手のエー・ピーカンパニー(東京都/米山久社長)。そんな同社が中食市場にも参入していることはあまり知られていない。傘下の塚田農場プラス(東京都/森尾太一社長)が製造し、駅ナカや百貨店などで販売する弁当が、じわりと人気を集めている。その理由とは。※商品の名称および価格は取材時(1月中旬)のものです。

素材にこだわった定番メニューで大人気

 塚田農場プラスは、エー・ピーカンパニーの新規事業としてスタートした法人向け宅配弁当ビジネスが軌道に乗ったことから、2015年に分社化して誕生した。現在は宅配事業のほか、東京都内の駅ナカや百貨店に弁当の販売店舗を出店している。業績については公表していないが、「会社設立から増収増益を続けており、駅ナカの店舗もすべて前年実績を大きく超えている」(森尾社長)という成長企業だ。

 同社の弁当が人気を集めている理由は、買い求めやすい値段と、それを上回るクオリティの高さにある。駅ナカで販売されている弁当は1000円以下の商品がほとんどで、一般的な「駅弁」に比べるとかなりリーズナブルな価格設定といえる。それでいて、メーンのおかずだけでなく、米、付け合わせ、ソースなどにも徹底的にこだわり、価格以上の本格的な味わいを楽しめることで人気を博しているのだ。

定番メニューでありながら素材にとことんこだわった弁当が人気を集めている
定番メニューでありながら素材にとことんこだわった弁当が人気を集めている

 たとえば、駅ナカの弁当に使う米には山形県産のブランド米である「はえぬき」、それも特別栽培米を使用している。冷めても旨味と香りが引き立ち、もちっとした食感が楽しめるためだ。また、多くの商品に付け合わせとして入れているだし巻き卵はオリジナル卵「塚だま」を用い、専用工場で毎日1本1本を手づくりで焼き上げている。

 一方、売場に並ぶ商品を見てみると、「チキン南蛮弁当」「銀鮭弁当」「チキンカツ弁当」など比較的オーソドックスなラインアップだ。「弁当は外食とは違い、奇をてらったものは売れない。定番メニューでありながら、こだわりの素材を使って手づくりすることで、『食べれば差がはっきりわかる』という打ち出し方をしている」(森尾社長)。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media