東京23区内で怒涛の出店 オーケーの都市型MDの進化が止まらない!

2019/12/11 06:00
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 大宮弓絵

近年東京23区への出店を強化し、成長を加速させているオーケー(神奈川県/二宮涼太郎社長)。同社の出店の影響により頭を抱えている企業は少なくない。標準化された店づくりを特徴とするオーケーだが、ここ最近の都心部への進出にともない、都市型店ならではの商品政策(MD)も見られるようになっている。11月27日、東京都墨田区にオープンした「オーケー住吉店」(以下、住吉店)の売場づくりから同社の最新のMDをレポートする。

11月27日、オーケーが東京都墨田区にオープンした最新店「住吉店」
11月27日、オーケーが東京都墨田区にオープンした最新店「住吉店」

 オーケーの最新店である「住吉店」は、JR西日本不動産開発(大阪府)が開発した地上5階建て商業施設「VIERRA江東橋」の1階部分にテナントとして入居している。売場面積は約350坪で、オーケーにとって中規模サイズの店舗だ。
 店づくりについて二宮涼太郎社長は「売場は基本的に標準化しており、商業施設内に入る店であっても単独店と比較して店づくりやMDを大きく変えることはしない」と話す。その方針のとおり住吉店は基本的なオーケーの店づくりを踏襲した店となっている。

住吉店」は基本的なオーケーの店づくりを踏襲した店だが、オーケーが都市型店で強化している最新のMDを導入している
「住吉店」は基本的なオーケーの店づくりを踏襲した店だが、売場を見ると都市型店で強化している最新のMDが導入されていた

具材や味付けを選べる!
オーケーならではのミールキットの提案

調布店からの新コーナー「選べるミールキット」
調布店からの新コーナー「選べるミールキット」

 そんな住吉店の売場を見ていくと、これまでのオーケーにはなかった都市型店ならでは売場づくりが実践されていた。その代表例が簡便商品の提案だ。青果部門と鮮魚部門で、今年9月26日に開業した「調布店」(東京都調布市)からの新しいコーナーや商品を、同社最大規模で導入している。
 具体的には、青果部門では調布店からの新コーナー「選べるミールキット」を設置。カット野菜約10SKU(96円~251円:税抜・会員現金払い価格、以下同)とともに、ミールキット専用に開発した、調味液3SKU(各57円)と加熱調理済の冷凍肉4SKU(牛・豚バラ・豚肩ロース・鶏肉 各193円)を揃えて、それらを組み合わせて購入することで「豚バラ白菜の甘辛炒め」「黒酢香る酢豚」などさまざまなメニューをつくれるようにしている。バラで販売しているため、お客は必要な材料のみを購入することができる。

カット野菜と、ミールキット専用に開発した調味液と、冷凍肉を組み合わせて、さまざまなメニューを作れるようにしている
カット野菜と、ミールキット専用に開発した調味液と冷凍肉を組み合わせて、さまざまなメニューをつくれるようにしている
冷凍肉は、牛、豚バラ、豚肩ロース、鶏肉の4SKUを揃える。すでに加熱調理済のため短時間で料理が完成する
冷凍肉は、牛、豚バラ、豚肩ロース、鶏肉の4SKUを揃える。すでに加熱調理済のため短時間で料理が完成する

注目は皿状の容器!
鮮魚部門の簡便商品

 一方の鮮魚部門では、冷凍の簡便商品を約15品目揃える「フライパン・レンジで簡単調理」コーナーを展開。なかでも調布店からの新商品「海鮮おかず」シリーズは、取引先メーカーと連携し、皿状の容器を採用してレンジアップ後食卓にそのまま並べられるように形態にこだわり開発した。「さばとゴロゴロ野菜の昆布ポン酢」(291円)や「海鮮ハンバーグのオリーブガーリックオイル蒸し」(388円)など6SKUを揃える。
 これらの簡便商品は調布店では品切れになってしまう品目もあるほど支持されているという。生鮮本部長の佐藤幹司氏は「とくに都市部の店舗で販売に力を注いでいく方針。現在、精肉部門の商品も開発を進めている」と説明している。

鮮魚部門では、冷凍の簡便商品を約15品目揃える「フライパン・レンジで簡単調理」コーナーを展開する
鮮魚部門では、冷凍の簡便商品を約15品目揃える「フライパン・レンジで簡単調理」コーナーを展開する
皿状の容器にこだわった調布店からの新商品「海鮮おかず」シリーズ。レンジアップ後食卓にそのまま並べられる
皿状の容器にこだわった調布店からの新商品「海鮮おかず」シリーズ。レンジアップ後食卓にそのまま並べられる

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media