大胆予想! ドラッグストア業界は1兆円企業連合の「三極体制」となるか?

2019/06/27 05:00
小野貴之(ダイヤモンド・チェーンストア編集部)

ドラッグストア業界の売上高首位がまた入れ替わった。ツルハHD(北海道)が2019年5月期連結決算を発表し、ウエルシアHD(東京都)を抜いてトップに躍り出た。先月はココカラファイン(神奈川県)をめぐる“縁談話”が取り沙汰されるなど、話題が尽きないドラッグストア業界。本稿では、これらのトピックスを踏まえ、ドラッグストア業界の今後を予想してみる。
※HD=ホールディングス

マツキヨ・ココカラの“縁談”にスギが「待った」

 6月17日、ツルハHDが2019年5月期の連結決算を発表した。売上高が対前期比16.2%の7824億円、本業の稼ぐ力を示す営業利益が同4.0%増の428億円と2ケタ増収を達成。ウエルシアHDを売上高で30億円ほど上回り、売上高トップに躍り出た。

 2015年にレデイ薬局、17年に杏林堂グループ・HD(現・杏林堂薬局)を買収しているツルハHD。今回の首位浮上も、中部圏地盤のDgS企業であるビー・アンド・ディーHD(現・ビー・アンド・ディー)の買収効果が大きい。

 このように、ドラッグストア業界ではほかの小売業と比べてM&A(合併・買収)に積極的な企業が多い。次はどの企業がM&Aに踏み切るのか。いま業界で最も注目を集めているのが、ココカラファインをめぐる経営統合の動きである。

 整理してみよう。事の発端は、マツモトキヨシHDが4月26日に発表した、ココカラファインとの「資本業務提携」に関する検討および協議を開始するという内容のニュースリリースだ。この約1カ月後の6月1日、スギHDがココカラファインとの「経営統合」に関する検討および協議をスタートすると発表した。すると、その2日後の6月3日、マツモトキヨシHDはココカラファインとの協議を継続するとのニュースリリースを公表。さらに5日には、ココカラファインと「経営統合を含むあらゆる選択肢」を検討・協議を進めていくと“追い打ち”をかけている。

 ドラッグストア業界に詳しいアナリストの1人は、一連の動きについて「ちょうどマツモトキヨシHDとココカラファインの“縁談”に、スギHDが『待った』をかけた状況。マツモトキヨシHDから『経営統合』という言葉を引き出した意義は大きい」と評価する。

 ココカラファインが手を結ぶのはどちらか。3社の最新期(19年3月期)の売上高は、マツモトキヨシHDが5759億円、スギHDが4884億円、ココカラファインが4005億円。経営統合が実現すれば、ツルハHDの売上高を上回る企業連合が誕生することになる。

ドラッグストア企業連結営業収益トップ10社

順位 社名 決算期 売上高 増減 営業利益 増減
1 ツルハHD 19/5 782,447 16.2 41,826 4.0
2 ウエルシアHD 19/2 779,148 12.1 29,045 0.8
3 サンドラッグ 19/3 588,069 4.2 35,233 ▲ 2.3
4 マツモトキヨシHD 19/3 575,991 3.1 36,028 7.3
5 コスモス薬品 18/5 557,999 11.0 22,749 2.3
6 スギHD 19/2 488,464 6.9 25,817 4.3
7 ココカラファイン 19/3 400,559 2.5 12,915 ▲ 5.8
8 アインHD 19/4 275,596 2.7 16,067 ▲ 18.1
9 クリエイトSDHD 18/5 268,161 8.4 13,861 ▲ 4.0
10 カワチ薬品 19/3 264,926 ▲ 1.2 3,886 ▲ 15.0

単位=百万円、%

次ページは
サンドラッグが組むのはあの企業!?

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media