セブンイレブン、植物由来プラスチック配合のスプーンとフォークを試験導入

2019/06/18 11:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

セブンイレブン
6月18日から、大阪府の一部店舗で実施する 写真はロイター

 セブン-イレブン・ジャパンは6月18日から、大阪府の一部店舗で植物由来のプラスチックを配合した環境配慮型のスプーンとフォークを試験的に導入する。

 大阪府内の約360店舗で、弁当などを購入した客の要望に応じて渡すスプーンとフォークを、バイオマスプラスチックを30%配合したものに切り替える。同社はこれまで、レジ袋にバイオマスプラスチックを活用してきた。

 セブン-イレブン全店でスプーンとフォークをバイオマスプラスチック配合のものに切り替えた場合、年間で約556トンのプラスチック使用量を削減できるという。

バイオマスプラスチック
バイオマスプラスチックを使用したスプーンなどを大阪の一部店舗で導入する

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media