フレキシタリアン、ギルトフリー、デジタル活用…… 見逃せない食の10大トレンドとは!?

2019/05/07 05:00
兵藤雄之

4月17日から19日、第22回惣菜デリカ・弁当・中食・外食・給食・配食業務用専門展「ファベックス 2019」が開催された。メインテーマ「社会変化がもたらす「食の新たな使命」へ挑戦!!」のもと、各社展示ブースでは、数々の食品提案・メニュー提案・ソリューション提案が行われ、期間中は8万人近い(7万8024名)来場者で賑わっていた。今後の日本人の食に関して、とくに気になるトピックをレポートする。第1回目は、食の10大トレンド!

より食に目新しさや刺激的な体験を求めるようになる!

 食品業界に特化したトレンドリサーチの世界的リーディングカンパニーであるInnova  Market  Insightsで、日本カントリーマネージャーを務める田中良介氏は、ファベックス2019の場において、「TOP TEN TRENDS 2019」を公表した。

1 DISCOVERY:ADVENTUROUS CONSUMER(発見:好奇心旺盛な消費者)
2 THE PLANT KINGDOM(植物由来性食品)
3 ALTERNATIVES TO ALL(代替食品・代替原料)
4 GREEN APPEAL(環境への訴え)
5 SNACKING:THE DIFFINITIVE OCCASION(スナックの新定義)6 EATING FOR ME(自分流の消費)
7 A FRESH LOOK AT FIBER(ファイバーブーム再び)
8 I FEEL GOOD(気持ちいい)
9 SMALL PLAYER MINDSET(食品ベンチャー)
10 CONNECTED TO PLATE(バリューチェーンの透明化)

 順を追って簡単に解説を加える。

 1DISCOVERYとは、「グローバル化が進み、好奇心旺盛となった消費者は、食に目新しさやより刺激的な体験を求め、『発見』がキーワードになる」と言うもの。よりセグメントされた「発見」が求められ、「日本発の逸品」でなく、たとえば「長野県の●●村で100年以上も食べられている長寿の源」といった発見が、消費者に響くようになる。最近では商品パッケージに「DISCOVERY」「発掘」「発見」と入れ込むものも増えている。

 2THE PLANT KINGDOMは「植物性由来食品はまだ伸び続ける。ただし、ヴィーガン、ベジタリアンだけでなく、柔軟な食生活を好む『フレキシタリアン』が主ターゲットになる」。だれしもがヴィーガンのようなストイックな生活はできないことに気づき、多くの人が「肉半分、ヴィーガンミート(代替肉)半分」といったハイブリッドに戻ってくる。「ハイブリッド概念であれば、日本にも定着する可能性がある」と田中氏は見ている。

 3ALTERNATIVES TO ALLは「消費者は健康とサステナビリティを重要視し、あらゆる代替食品や代替原料を求める。味も見た目も妥協はゆるされない」。この市場はまだ立ち上がり始めた市場であり、この勢いに乗るかどうかは、企業の考え方次第だという。

 4GREEN APPEALは「持続可能な地球環境の保全が、今まで以上に企業の責務となるが、その活動自体がマーケティングにつながることを考えるべき」。ビールを絞ったあとの麦芽を栄養価のあるシリアルに加工するとか、食べられるストローを開発するなど、自分たちのビジネスに落とし込むことが重要だ。

 5SNACKINGは「健康スナック革命。現代人の生活習慣に対応させたクリエイティブな健康スナックが、すべての食品と飲料カテゴリーに大きな変化をもたらす」。忙しい現代人をサポートする食の新しい考え方で、「より健康的で栄養価の高いスナック」にするとか、「軽食を手軽に食べられるスナック風に提供する」(たとえば、中東生まれのスーパーフードと言われている「フムス」をビスケットのサンドにしたものがある)といったように、スナックと軽食との境界線があいまいになっている。今後は、軽食をスナック風に仕上げたものや健康面に配慮したスナックへのニーズが高まっていくという。

次のページは
食の細分化がものすごいスピードで進む!

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media