意外に保守的?でもイマドキ! 令和元年の食トレンドはこうなる!

2019/05/08 05:00
兵藤雄之

4月17日から19日、第22回惣菜デリカ・弁当・中食・外食・給食・配食業務用専門展「ファベックス 2019」が開催された。このファベックス2019内で日清オイリオグループの生活科学研究グループの手によって、「2019年消費トレンド」が発表された。食品スーパーにとって、見逃せない潮流とは何だろうか?

平成の食は3つのトピックでまとめられる!

 日清オイリオグループの生活科学研究グループは、19943月から約25年にわたり、食生活を中心とした社会全般の動向を継続的にウォッチし、社会環境や生活者の価値観の変化、それらに起因する生活習慣の動向などについて、調査・情報発信を行ってきている。

 では、今回のFABEX2019において、生活者のマインドの変遷をたどりながら「2019年消費トレンド」の予測を明らかにした。

 まず、「食と健康」に関する平成のトピックスとして、《家庭の食卓》、《流行食》、《健康ブーム》の3つをあげている。まずはこの3つのトピックを解説していこう。

《家庭の食卓》
 バブル崩壊により、内食回帰が進み、家庭では経済的なメニューが主流になった。その後、コンビニエンスストアが急増すると、弁当・総菜などの「中食」が一般家庭にもじわじわと浸透し始める。共働き世帯が増え、女性の社会進出が進むと、簡便調理へのニーズが徐々に拡大していった。そして、調理の「時短」「簡便化」が定着、それらをサポートする調理器具やレシピ本なども多数登場した。その一方では、手の込んだ料理を作り、SNSなどで発信・共有する層も目立ってきている。

 《家庭の食卓》における近年のトレンドとして、「ふだんは時間をかけない簡便調理」「その中でも、味や見栄え等ワンポイントで、自分のこだわりを盛り込む」「レシピ動画を参考にしている人も増加傾向」といった点をあげている。

《流行食》

 平成時代の節目を飾った代表的な《流行食》として、「ティラミス」⇒「エスニック料理」⇒「海外系ドーナッツ」⇒「甘酒」⇒「抹茶」をクローズアップ。近年のトレンドとして、抹茶や甘酒、サバ缶など「日本に昔からあるもの」や「以前に流行った食品のリメイク版」の流行、海外からの評価を受けて国内で再ブレーク、をあげている。

《健康ブーム》

 平成の30年間を通して廃れることはなかったが、「痩せる石鹸」⇒「サプリメント」⇒「ヨガ」⇒「デトックス」⇒「肉体改造ジム」といった流れがあったとし、近年のトレンドを「良質なものを摂りながら運動する近年のスタイルにおいて、食と運動は綿密に関係している。ダイエットの主流が“楽に痩せる”から“運動してボディメイクする”ことに変化。」と指摘している。

 次のページは
いよいよ令和元年の消費トレンド予測

1 2
© 2019 by Diamond Retail Media