イオン&三菱商事 共同でSC内医療モール拡大、医療でのネットワーク基盤構築へ

ダイヤモンド・ドラッグストア編集部
Pocket

 イオンのドラッグ事業が大きな動きを見せる。ショッピングセンター(SC)ではクリニック併設による医療モール展開を拡大するほか、在宅医療の受け皿となる医療ネットワークの基盤構築へ向け、包括提携している三菱商事との具体的な協業も動き出す。

 協業の項目は、1.調剤サービスの質・量の拡充と医薬品流通の効率化、2.医療・健康を軸とした新しい商品・サービスの開発と新業態店舗の開発・ 展開、3.医薬品におけるノンストア事業、4.介護支援事業の展開、5.地域医療の充実に向けた地域医療機関とのネットワークの構築、の5分野。各々が進 めてきたドラッグ・医療関連事業について情報を共有し、今後の協業項目を絞り込んだ。

 医薬品の流通効率化では、医療用医薬品の分野において、新薬のみならず、ジェネリック医薬品(GE)を含む医薬品全体の効率化に着手する。とくに製薬企業を巻き込んだ物流改革を進め、医療用医薬品分野のサプライチェーンマネジメントを推進する。

 大型新薬が相次いで特許切れを迎える、いわゆる2010年問題を背景に、新薬メーカーでも事業再編と効率化の動きには関心が高く、「数社の製薬企業に方針を伝えたが、好意的に受け止めてもらっている」(イオン・佐藤京子ドラッグ事業最高経営責任者)と言う。

 三菱商事は、製薬企業に対する原材料供給で事業展開しており、医薬品流通効率化への情報提供を行う。

 新商品・サービス開発と新業態店舗開発では、まずはイオンが展開するSC内での医療モールの展開を拡大する。これまでイオンが展開してきた調剤薬 局の多くが、物販売場を基軸に配置され、結果、関連性の高い、ヘルス&ビューティケアゾーンに併設する調剤薬局だった。SCでの医療モール展開を拡大し、 各モール内に複数の診療科を誘致することで、調剤事業のベースとなる処方せん獲得を促進する。SC運営にとっても、衣料品テナントなどから転換すること で、SC自体の機能転換、機能拡大を図るとしている。医療モール内への診療科の誘致に関しては、三菱商事のサポートを受ける。

 現在、複数の診療科を持つSCは5カ所。11年2月期には既存SCの改装を含め、新規で5SCに医療モールを展開、当期末10医療モールの展開を予定する。

 また、この分野ではプライベートブランド(PB)「ハピコム」での第1類医薬品の開発を進め、グループ内での商品競争力を高める。すでに製薬企業5社と調整しており、薬効ごとに商品開発、ハピコムとしてトータルで訴求する。

 08年12月に包括業務提携契約を締結したイオンと三菱商事。すでに両社の間では、09年4月にオープンした「モゾ・ワンダーシティ」(愛知県名古屋市)などのショッピングセンター(SC)開発・運営をはじめ、海外からの商品・原材料調達など、包括業務提携での協業を徐々に拡大してきていた。

 今年1月19日に開催した、両社役員で構成する提携委員会での合意をもとに、ドラッグ事業での具体的な5分野での協業を進めることとなった。グループ事業含め、イオンの動きに注目だ。

 診療科が入居するイオンSCは300カ所。改装などによって徐々に医療モールを拡大する

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態