新屋号は「ハンズ」 新ロゴに込められた新生ハンズの未来とは

植芝 千景 (ダイヤモンド・チェーンストア 編集者)
Pocket

ホームセンターのカインズ(埼玉県/高家正行社長)の子会社となったハンズ(東京都/桜井悟社長)は、10月26日、新たな屋号とロゴを発表した。都内で開かれた記者会見では、同社の会長を務めるカインズの高家社長が、ロゴに込められた思いや新生ハンズの展望について語った。

ハンズロゴ記者会見風景
左から、桜井悟社長と高家正行会長。

新ロゴは引き続き、ハンズグリーンに手のイメージ

 ハンズは10月26日、新たな屋号とロゴを発表した。屋号は社名そのままに「ハンズ」とし、新たなロゴは原点である「手」を引き続き使用。新ロゴをデザインした、デザインオフィスnendo(東京都港区)代表の佐藤オオキ氏は、「日本の企業としてグローバルに発信していきたいと、あえて『手』という漢字を使用した」と述べた。

ハンズ 新ロゴ
手のイメージ、ハンズグリーンを継承し、新たにデザインした

 「東急」「TOKYU」を含む商標その他、標章については、2024年3月末までにすべての使用を終了する。

「ハンズの原点に今一度立ち返る」

 高家会長は新ロゴへの思いとして「ハンズは手作りの大切さや、楽しさを顧客に伝える『手の復権』を創業以来大切にしてきており、いま一度原点に立ち返りたいと考えた。また、ただ原点に立ち返るのではなく、変わりゆく社会の中でどのような価値をハンズが提供していけるかを考えてく必要があると考えた」とした。

 そのうえで、「カインズと共にグループの強みを生かし、お客様の『より良い暮らし』『生活文化の創造』の実現に向けて取り組んでいきたい」と、①新しい文化の芽が見つかる ②クリエイティブが始まる ③ホンモノにこだわる ④わたしらしく毎日を作る ⑤丁寧に暮らす ⑥季節を大切にする ⑦アガル楽しさに出会う、の7つの価値観を打ち出していく。

 

1 2

記事執筆者

植芝 千景 / ダイヤモンド・チェーンストア 編集者

同志社大学大学院文学研究科(国文学専攻)修了。関西のグルメ雑誌の編集部に所属後、ダイヤモンド・リテイルメディアに入社。日本酒、特に関西の地酒好き。趣味は、未知のものを食べること。「口に入れてから考える」ことをモットーに、日々さまざまな食べものを味わっている。

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態