コスモスの売場、商品、接客、PB を分析してわかった驚愕の事実とSM が学ぶべき点とは

解説:KTMプランニングR:海蔵寺りかこ
構成:ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

コスモス大

食品強化を軸とした売場づくりと徹底したローコストオペレーションで、ドラッグストア(DgS)業界のみならず国内小売市場で常に注目を浴びてきたコスモス薬品。同社の店と売場、商品を、プロの目線で見るとどのような評価になるのだろうか。本誌おなじみの売場&商品の専門家、海蔵寺りかこ氏が調査・分析する。

カテゴリーごとの品揃えの幅が来店動機に

 長年、食品強化型のDgSを展開してきたコスモス薬品は、いわゆる「フード&ドラッグ」業態のパイオニア的存在である。しかしフード&ドラッグと一口に言っても、その方向性は実に多様だ。

 たとえばクスリのアオキホールディングス(石川県/青木宏憲社長:以下、クスリのアオキ)のように、各地の食品スーパー(SM)を買収してまで、本気で生鮮を含む食品の領域に攻め込もうとするプレーヤーもいれば、ウエルシアホールディングス(東京都/松本忠久社長)のように、同じイオングループ傘下のSM事業会社とタッグを組んで、DgSとSMの融合型フォーマットを追求する動きもある。

 対してコスモス薬品の商品構成、MD面での特徴は、品揃えの幅の広さ、とくに1つのカテゴリーにおけるアイテム、SKU数の多さにある。そのため、たとえばクスリのアオキとコスモス薬品では、お客の「買い方」自体が異なるのだ。

 クスリのアオキには生鮮から医薬品まで、生活に必要な商品を一とおり買い揃えられるという利便性がある。しかし食品と非食品の売場がほぼ等しく二分されている(生鮮フルライン型店舗の場合)ので、カテゴリーごとの品揃えにそれほど幅はない。

 一方でコスモス薬品の場合、多くの店舗で生鮮食品は置いていないが、カテゴリーごとの品揃えが多様なので、比較購買することができる。大手ナショナルブランド(NB)のシャンプー1つとっても、種類・容量ともにフルラインで揃っているし、食品売場でもたとえば調味料コーナーはSMに匹敵する専門性と品揃えがある。

 また、介護経験のある筆者としては、コスモス薬品の店舗に「前開きの肌着」や「パジャマ」など介護用の衣料品も揃っていた点には感動すら覚えた。さらにボールペンやノートなどの文具もDgSとしては異例ともいえる品揃えであり、子供を持つ世帯にとっても利便性が高い。コスモス薬品の利用客は「コスモスに行けば買えるだろう」という安心感を抱いており、それが来店動機に直結しているのだと思われる。

売場管理と接客、情報発信のレベルが高い

 圧倒的な品揃えに加えて、コスモス薬品の売場で目を引くのが、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media