コスモスの利用頻度、利用動向をデータで徹底分析!支持される理由と弱みとは

調査協力:ipoca:団野大樹、mitoriz 辻本崇、mitoriz 山室直経
Pocket

コスモス大

ここまで、コスモス薬品の経営戦略や売場・商品づくりなどについて見てきた。しかし、実際の利用客はどのような買物行動をとっているのだろうか。そこで、mitoriz(東京都:木名瀬博社長)とipoca(同/一之瀬卓社長)の2社の協力のもと、レシートデータとGPS(人流)データを組み合わせたコスモス薬品における利用動向を調査。その分析結果を発表・解説する。

メーン利用するDgSは3割超がコスモス

 mitoriz(ミトリズ)は、全国100万人以上のアクティブユーザーからレシート画像とアンケート回答を収集する購買証明付き購買理由データベース「マルチプルID-POS購買理由データPoint of Buy(ポイント・オブ・バイ:以下、POB)」を保有している。今年8月には、スマートフォンの位置情報を起点に消費者の行動を分析するサービス「ミセシル」を運営するipoca(イポカ)と提携し、GPSデータとレシートデータとを組み合わせ、消費者の購買行動やその背景などを分析するサービスとして「ミセシル競合レシート」もスタートしている。

コスモス薬品
mitoriz(東京都:木名瀬博社長)とipoca(同/一之瀬卓社長)の2社の協力のもと、レシートデータとGPS(人流)データを組み合わせたコスモス薬品における利用動向を調査。その分析結果を発表・解説する。

 まず本特集に当たって、2022年9月2~7日、福岡県に在住するPOBの会員525人を対象に、ドラッグストア(DgS)および食品スーパー(SM)の利用に関するインターネットアンケートを実施した。回答者の平均年齢は51.2歳で、女性が55.8%を占めている。

 食品の購入先についてたずねると(図表❶)、「メーンはSM、必要なときにDgSを利用」が60.2%で最も多く、「ほぼSMしか利用していない」(22.3%)と合わせてSMをメーンで利用している人の割合は8割を超えた。一方、「SMとDgSを半々で利用」(10.1%)や「メーンはDgS、必要なときにSMを利用」(4.0%)、「ほぼDgSしか利用していない」(0.6%)は少数にとどまっている。

図表❶食品の購入先

図表❷メーンで利用するスーパー(上位5社) メーンで利用するSMは(図表❷)「イオン・マックスバリュ」が23.3%で最も多く、「ルミエール」( 1 2 . 4 % )、「サニー」(11.2%)、「スーパーセンタートライアル」(7.3%)、「ハローデイ」(7.1%)の順でこれに次ぐ。

図表❸メーンで利用するドラッグストア(上位5社) 一方、メーンで利用するDgSは(図表❸)、「コスモス薬品」が35.9%で圧倒的に多い。「ドラッグストアモリ」(14.9%)、「ドラッグイレブン」(8.0%)、「サンドラッグ」(7.6%)、「マツモトキヨシ」(6.9%)の順でこれに次ぐ。コスモス薬品の存在感の大きさが浮き彫りになった。

コスモスの利用頻度はSMとほぼ同等

 次に、「コスモス薬品」「ドラッグイレブン」「ハローデイ」「イオン・マックスバリュ」の4チェーンを対象に、メーン利用者の購買動向を比較した。

 メーンで利用するチェーンの利用頻度をたずねたところ(図表❹)、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media