すでに黒字でコロナ禍でも絶好調!日本版オフプライスストア、アンドブリッジ急成長の理由

2022/07/11 05:55
    小内三奈
    Pocket

    まだ鮮度の高いファッション商品の余剰在庫をさまざまなメーカーからセレクトして、一つの店で販売するオフプライスストア。すでに欧米では急拡大し、強大なマーケットになっている。このオフプライスストア業態に参入し、今年4月に5店目となる新店舗を出店させたのがワールドとゴードン・ブラザーズ・ジャパンの合同会社であるアンドブリッジ(東京都/松下剛社長)。苦境のアパレル市場で、前年比205%という成長を遂げている。アンドブリッジの店舗に今多くの人が足を運ぶ理由はどこにあるのか、松下剛社長に話を聞いた。

    取り扱いは700ブランド、定価の5070%オフで販売

    アンドブリッジひたちなか
    「アンドブリッジ ニューポートひたちなか」店内

     「オフプライスストア」として注目されるアンドブリッジは、アウトレットショップでも古着ショップでもない、まったく新しい業態。シーズン遅れ品や余剰在庫を主に取り扱う店内は、さまざまなブランドを取り扱う、「価格を抑えたセレクトショップ」といえるものかもしれない。

     商品はすべて新品で、ブランドネームタグもそのまま。ウエアのみならず、バッグやシューズなどのファッション雑貨から、キッチン雑貨やインテリアまで揃える。ワールドグループのブランド以外も幅広く取り揃え、価格は、各ブランドの定価の50%から70%オフで販売される。

     安さの理由は、季節ごとにどうしても出てしまう余剰在庫を通常の卸値よりも低価格で買い取って、あるいは仕入れて販売しているから。アパレル業界全体がサステナブルな社会を目指して、需給バランスを考えた取り組みを進めているが、それでも全体の5%10%は在庫となる。その在庫をどうにかうまく活用したいとの想いから生まれたのが、アンドブリッジである。

     コンセプトは、「サステナブルな環境社会の実現のため、ファッション業界の廃棄ロス削減を目指し、価値あるブランドの余剰在庫を再編集してお手頃価格(オフプライス)で届ける」こと。アパレル大手のワールドと、動産ビジネスで16年の実績があるゴードン・ブラザーズ・ジャパンがタッグを組むことで誕生した。

     取り扱いはワールドブランドに限定しない。ゴードン・ブラザーズ・ジャパンの仕入れルートを活用し、現在75社、700ブランドを取り扱っている。全体の3~5%は海外ブランドが占め、ワールド商品は全体の20%以下だ。20226月現在、茨城県に1店舗、埼玉県に2店舗、神奈川県に2店舗の合計5店舗を構える。

    1 2 3 4

    人気記事ランキング

    © 2024 by Diamond Retail Media

    興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
    DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

    ジャンル
    業態