モスのキッチンカー、「洋服の青山」駐車場で営業開始、イベント会場などでも

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

モスのキッチンカー「キッチンカー MOS50」
創業50周年事業と位置づけ、キッチンカーは「MOS50」と名付けた

 「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは、創業50周年事業としてキッチンカーを導入する。1号車となる「キッチンカー MOS50(モスフィフティ)」が1月29日、「洋服の青山 大田久が原店」(東京都大田区)の駐車場で営業を始める。

 キッチンカー MOS50では、一般のモスバーガー店舗で販売している商品をグレードアップした専用商品「フィフティース モス」、「フィフティース テリヤキ」(いずれも680円)などを販売する。

 洋服の青山 大田久が原店は、国道1号線に面しており、周辺にはマンションや住宅が立ち並ぶ。キッチンカー MOS50は同店の駐車場を拠点としながら、イベント会場など他の場所での営業も検討する。キッチンカーの販売員が着用するユニフォームは、洋服の青山を運営する青山商事がデザイン、制作した。

 新型コロナウイルスの感染拡大でテイクアウト需要が高まっており、モスフードでは2020年8月からテイクアウト専門店の展開を始めた。移動可能なキッチンカーを新たなテイクアウト業態として定着させていく計画だ。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media