薬王堂、PCR検査キットをオンライン販売、結果は翌日ウェブで通知

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

営業利益が1.5倍になった薬王堂HD
薬王堂は12月22日、新型コロナウイルスの感染を調べられるPCR検査キットの販売を専用のEC(インターネット通販)サイトで始めた。

 薬王堂ホールディングス傘下のドラッグストア、薬王堂は12月22日、新型コロナウイルスの感染を調べられるPCR検査キットの販売を専用のEC(インターネット通販)サイトで始めた。検査キットは、体外診断薬開発メーカーのセルスペクト(盛岡市)と共同開発したもので、セルスペクトが検査を実施する。

 価格は1万6000円(税別、送料込み)。利用者は、採取した唾液を専用容器に入れ、安全パックに梱包して、薬王堂店舗の敷地内に設置されるPCR受付スポットに持参する。受付スポットは、岩手県内の薬王堂20店舗に設置される。

 専用容器はセルスペクトが回収して、検査を行い、受付翌日にはウェブサイトで結果を確認できるようにする。郵送での通知を希望する場合は、受付日から3日以内に発送する。サービスの申し込みは2021年3月末まで受け付ける。

 また、薬王堂とセルスペクトは21年1月10日に岩手県矢巾町で開催される成人式への出席希望者にPCR検査サービスを提供する。矢巾町と連携して同町公民館で1月9日にPCR検査キットを配布、当日中に検査を行い、成人式当日の朝に検査結果を通知する。結果が陰性であれば成人式に出席できるようにし、感染拡大リスクを抑える。

 両社では今後、東北の自治体と連携しながら卒業式や入学式、入社式、スポーツ観戦などでもPCR検査サービスを提供していく予定だ。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media