政府、GoToトラベルから札幌と大阪の除外決定 12月15日まで

ロイター
Pocket

大阪・道頓堀のアパレルショップ
西村康稔経済再生相は24日夕、GoToトラベル事業について、札幌市と大阪市を目的とする旅行の新規予約を一時停止することを決定したと語った。写真は今年3月、大阪・道頓堀で撮影。(2020年 ロイター/Edgard Garrido )

[東京 24日 ロイター] – 西村康稔経済再生相は24日夕、GoToトラベル事業について、札幌市と大阪市を目的とする旅行の新規予約を一時停止することを決定したと語った。期間は本日から12月15日まで。

北海道の鈴木直道知事、大阪府の吉村洋文知事から除外について連絡があり、菅義偉首相、加藤勝信官房長官、西村経済再生相、田村憲久厚労相、赤羽一嘉国交相で話をし、決定した。

赤羽国交相は、予防的な措置として両市を目的地とする旅行を停止することはやむを得ないとの判断にいたったと説明した。

具体的には本日から12月15日まで、両市を目的地とする新規予約の取り扱いをGoToトラベル事業の適用から除外する。既存の予約は12月15日出発までのものを適用から除外するが、12月1日出発分までは適用対象とする。

12月15日までに出発する旅行にかかるキャンセル料は旅行者に負担がかからないようにする。

本日から12月3日までの間に予約がキャンセルされたものについては、影響を受ける参加事業者は旅行代金の35%に相当する額について一律に事業の予算で補填する。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media