実践!流通英会話28 業界用語“POP”は英語で何と言うでしょうか?

2019/10/03 09:21
太田 美和子

海外店舗を視察に行っても質問ができない。視察先の担当者とあいさつができずにモジモジしてしまう。そんなアナタに“流通英語”の基本を教えます!第28回は、お金を使わずに店舗のイメージを変えた手法の続き。今回も動詞を使わない別の質問の仕方を紹介しますから、気軽に話を広げることができます(これまでの全スキットはこちら)。

Photo by JackF
Photo by JackF

今回のシーンと登場人物

ディスカウンターとの競合対策を学ぶため、やまだスーパーマーケットの山田信彦社長は、コーディネーターの大森剛と共に、ダンデライオン・マーケットを訪問。2人は、レイノルズ取締役と旗艦店のストーン店長の案内で店舗を視察し、ウォルマート対策について話を聞く。現在、店内プロジェクトチームが行ったイメージチェンジの話を聞いている。

 

登場人物
山田信彦 : やまだスーパーマーケット社長
トム・レイノルズ : ダンデライオン・マーケット取締役マーケティング部長
大森剛 : コーディネーター
ケン・ストーン: ダンデライオン・マーケット旗艦店店長

難易度(各英語センテンスに表記されています)
初級 : あいさつなど基本的な言い回し
中級 : よく使うので覚えておきたい言い回し
上級 : さらに突っ込んだ会話ができる言い回し

 

今週の英会話

山田:How about other departments? (中級)
ほかの部門ではどうですか。

ストーン:As you saw in the seafood department, the display is very much like a fish shop.(中級) That idea was from our seafood department team.
鮮魚売場でご覧になったように、ディスプレイがまるで鮮魚専門店のようです。 あれは鮮魚部門チームのアイデアです。

レイノルズ:In meat department, the team decided to write all POP signs in the department by hand.
精肉売場では、プロジェクトチームが 売場のすべてのPOP(ピーオーピー)を手書きでつくることを決めました。

ストーン:Now you can see handwritten signs in every department. There are a lot especially in the produce department.
今ではどの売場でも手書きPOPを見ることができます。 とくに、青果売場ではたくさんの手書きPOPがあります。

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media