4月消費者物価、3.4%上昇=食料値上げで―総務省

時事通信社
Pocket

買い物 イメージ
プラスは20カ月連続で、3カ月ぶりに伸び率は拡大した。(i-stock/Hakase_)

 総務省が19日発表した4月の全国消費者物価指数(2020年=100)は、価格変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が104.8と、前年同月比3.4%上昇した。プラスは20カ月連続で、3カ月ぶりに伸び率は拡大した。エネルギー価格は下落したものの、相次ぐ食品の値上げが物価を押し上げた。

 生鮮食品を除く食料は9.0%上昇した。原材料費や物流費の高騰により、特にアイスクリームやチョコレートなどの菓子類が11.0%伸びた。

 政府の物価高対策の効果もあり、エネルギー価格全体では4.4%下落。うち電気代は9.3%低下、都市ガス代は5.0%上昇だった。

 生活実感に近い生鮮食品を含む総合指数は3.5%、生鮮食品とエネルギーを除く総合指数は4.1%伸びた。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態