住友商事、調剤薬局の薬樹を買収 トモズとの連携図る

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

住友商事
調剤薬局併設型のドラッグストアを展開する住友商事グループのトモズ(東京都文京区)とのノウハウ融合などにより、相乗効果の発揮を目指す。住友商事ロゴ(時事通信社)

 住友商事は、首都圏を中心に調剤薬局を展開する薬樹(神奈川県大和市)を買収した。調剤薬局併設型のドラッグストアを展開する住友商事グループのトモズ(東京都文京区)とのノウハウ融合などにより、相乗効果の発揮を目指す。

 薬樹は神奈川県、東京都、埼玉県を中心に約150店の調剤薬局を展開している。住友商事は3月31日付けで、薬樹の全株式を取得した。取得金額などは公表していない。

 住友商事は、中期経営計画で「ヘルスケア」を次世代成長戦略テーマの一つに掲げ、国内でドラッグストアの展開を含む地域包括ケアシステム関連事業、海外ではマネージドケア(企業・民間医療保険会社、医療機関と連携した医療サービス)事業などに取り組んでいる。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態