白物家電出荷額、31年ぶり高水準=値上げや猛暑で―22年

時事通信社
Pocket

ビックカメラのエアコン売り場
〔写真説明〕家電量販店のエアコン売り場=24日午後、東京都新宿区のビックカメラ新宿東口店(時事通信社)

 日本電機工業会(JEMA)が24日発表した2022年の民生用電気機器(白物家電)国内出荷額は、前年比2.0%増の2兆5724億円と2年ぶりにプラスに転じた。中国・上海の都市封鎖で生産活動や供給網が一時混乱したが、正常化に伴い持ち直した。原材料費や輸送費の高騰を受けた値上げも影響し、1991年以来31年ぶりの高水準となった。

 出荷額は、比較可能な85年以降で過去2番目の大きさ。製品別では、夏場の記録的な猛暑もありルームエアコンが1.7%増えたほか、電気冷蔵庫(2.1%増)や電気洗濯機(1.3%増)も全体を押し上げた。台数は上海の都市封鎖が響き、いずれも前年を下回ったが、高価格帯の商品が伸びた。

 一方、電子情報技術産業協会(JEITA)が24日発表した22年のパソコン国内出荷額は、2.4%減の7338億円。出荷台数は22.6%減の686万9000台で、比較可能な07年以降で過去2番目の少なさだった。

 新型コロナウイルス流行後の在宅勤務拡大などによる需要増の反動減が続く中、物価高で消費者が買い控える動きが出たとみられる。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態