【米セブンイレブン】東部で1000店舗以上を改装、4ヵ月で

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

 セブン&アイ・ホールディングス傘下の米セブンーイレブンは7月13日、米国東部の約1000店舗の改装を終えたと発表した。出来たてのコーヒーを提供するコーヒー・バーやホットドッグ、ハンバーガーなどを温かいまま販売するための陳列ケースを設置し、ファーストフードの販売を強化するのが目的。一部の店舗では内外装や照明も刷新した。

 改装したのはニューヨーク都市圏やニュージャージー州、ワシントンDCなどの店舗。改装は3月からスタートし、毎週60店舗のペースで進めた。セブンーイレブンは今年3月末現在で北米に約6600店舗を展開しており、今回改装した店舗は全体の約15%に当たる。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態