イオンリテール、従業員教育にVR活用、1000以上の研修コンテンツ制作

Pocket

イオンリテールの従業員がヘッドマウントディスプレイを装着し、VRで接客やレジの操作などを学んでいる様子
従業員はヘッドマウントディスプレイを装着し、仮想現実空間で接客やレジ操作などを学ぶ

 イオンリテールは4月から、「イオン」「イオンスタイル」の全約360店舗で従業員教育用にVR(仮想現実)技術を活用する。従業員はヘッドマウントディスプレイを装着し、VRで接客やレジ操作などを学ぶ。

 InstaVR(東京都港区)が提供するVR制作・配信プラットフォーム「InstaVR」を導入、レジ業務や接客、売場づくり、防災・防犯など1000以上の研修コンテンツを共同制作した。

 2020年12月から一部店舗で約5000人の従業員を対象にVRによる入社時教育の実証実験を行ったところ、約9割が「テキストや動画での学習より作業手順の理解が深まった」「事前に体験できることで自信を持って売場に立てる」などと回答したという。

 VRコンテンツを使えば1人でも学習が可能となるほか、入社日時に関わらず個別学習できるため、「指導者側の業務時間を平均約40時間(1店舗、1カ月当たり)削減することにつながっている」としている。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態