配送効率には限界!ネットスーパーの新しい稼ぎ方は、商品と広告事業にある理由

Pocket

ネットスーパー

D&Sソリューションズ共同CEOの望月洋志氏コロナ禍で利用者が急速に増えているネットスーパー。しかし利益面で成果を出している企業は少ない。今後、ビジネスとして成功するためには何が必要なのか。日本アクセス(東京都/佐々木淳一社長)の完全子会社で、小売業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する、D&Sソリューションズ(東京都)共同CEOの望月洋志氏(写真)が解説する。

コロナ禍で利用者が急速に増加

 現在のネットスーパー市場は、近年、着実に利用者が増えていることは間違いない。生鮮を含め、食品スーパー(SM)の商品を自宅まで配達してくれる利便性が高いサービスは、とくにコロナ禍を境に広く社会に浸透し、今後はさらに成長する可能性がある。

Amazonフレッシュの物流センター
コロナ禍ではネットスーパーのニーズが急拡大している(写真はAmazonフレッシュの物流センター)

 食品宅配サービスで、古くからあるのは生協だ。コロナ禍では外出を控える風潮の中で、業績を大きく伸ばした。健康志向の食品、さらに衛生用品など、コロナ禍との相性のよい商材を扱っていることも追い風となった。

 しかし生協の配達は基本的に週1回。「巣ごもり需要」に十分に応えるには不足している側面もあった。ネットスーパーは日常生活に必要な食材を中心に、なかには注文して当日中に配達されるサービスもあり、生協の機能を補完できたことが支持拡大につながったのではないだろうか。

 さらに、最近ではクイックコマースも台頭。生協やネットスーパーと比べて、クイックコマースは1時間以内に到着するなど、「すぐ欲しい」という需要に応えることで利用者を増やしている。もちろんネットスーパーと同様、コロナ禍という環境があったことも大きい。

 当初、クイックコマースは外食分野で人々に認知され、その後、食品のデリバリーへと広がった。専業事業者のほか、SM企業がクイックコマースのプラットフォーマーと協業するケースも増えつつある。SMにとっては既存店を活用でき、大きな投資を必要としなかったことも普及した一因となった。

「OniGO」の配達用自転車・バイク
都市部では、注文から30分~1時間で配達するクイックコマースも広まっている(写真は「OniGO」の配達用自転車・バイク)

配送料への理解を消費者に求める

 ここからはネットスーパーやクイックコマースをビジネスとして成功させるために必要な考え方、施策などについて述べたい。いずれも利用者は着々と増えているが、まだ広く浸透という水準にはなく、収益面でもさまざまな要因で、成果を出せないでいる。

 まずクリアすべきは、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

記事執筆者

ダイヤモンド・チェーンストア編集部 / 株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア

ダイヤモンド・チェーンストア編集部は、業界をリードする提案型編集方針を掲げ、小売業の未来を読者と共に創造します。私たちは単なるニュース伝達に留まらず、革新的なビジネスモデルやトレンドを積極的に取り上げ、業界全体に先駆けて解説することを使命としています。毎号、経営のトップランナーへの深掘りインタビューを通じて、その思考や戦略を読者に紹介します。新しくオープンする店舗やリニューアルされた店舗の最新情報を、速報性と詳細な分析で提供し、読者が他では得られない洞察を手に入れられるよう努めています。私たちの鋭い市場分析と、現場の細部にわたる観察を通じて、注目すべき店舗運営の秘訣を明らかにします。

ダイヤモンド・チェーンストア編集部紹介サイトへ

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態