伊藤忠とファミマがデジタル広告の新会社、ドコモとサイバーエージェントも出資

2020/09/03 10:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

伊藤忠とファミマのデジタル広告の新会社
ファミマの自社アプリ「ファミペイ」やdポイントの会員などにターゲティング広告を配信する

 伊藤忠商事、ファミリーマート、NTTドコモ、サイバーエージェントの4社は9月2日、小売事業者の購買データを活用したデジタル広告の新会社「データ・ワン」を設立すると発表した。12月から事業を始める予定。

 ファミリーマートを中心とした小売事業者が保有する購買データ、NTTデータの共通ポイントサービス「dポイント」の会員データを使い、オンラインとオフラインに関わらず個人ID単位でのターゲティング広告の配信、および広告代理店事業を手がける。

 ファミリーマートは自社アプリ「ファミペイ」を広告媒体として活用し、顧客にとって有用な情報を配信。全国約1万6500店舗への来店を促す。NTTドコモはdポイントクラブ会員の属性や嗜好に関するデータに基づき、広告主であるメーカーなどがターゲティング精度の高い広告を配信できるようにする。

 データ・ワンでは、ファミリーマートだけでなく、食品スーパーやドラッグストアなど他の小売業との提携を広げ、活用できる購買データの量を増やし、広告商品の価値を高めていく。

 データ・ワンには伊藤忠とファミリーマートの合弁会社が55%、NTTドコモが40%、サイバーエージェントが5%を出資する。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media