AIカメラで新型コロナ対策、スーパーやドラッグストア向けに3社が共同開発

2020/05/13 10:45

AIカメラでの新型コロナ対策の実証実験
サッポロドラッグストアーの店舗(左)や凸版印刷のビルなどで実証実験を行った

 北海道大学発のベンチャー企業、AWL(アウル、東京都千代田区)は、調和技研(札幌市)、ティ・アイ・エル(東京都千代田区)と共同で、AI(人工知能)搭載のカメラを活用した新型コロナウイルス感染症対策のソリューションを開発した。

 AIがカメラ映像を分析し、来店人数の計測、性別・年齢やマスク着用の有無などを推定する。3密(密集・密閉・密着)を避けるための入店制限や店内でのソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保、マスク着用の徹底などをサポートするソリューションとして、スーパーやドラッグストア、オフィスなどでの導入を目指す。

 「新型コロナウイルス対策AIカメラソリューション」の名称で、4月27日から提供を開始した。サツドラホールディングス傘下のサッポロドラッグストアーの店舗や凸版印刷のオフィスビルなどで実証実験を行った後、販売を始めた。

 個人情報保護の観点から、分析に使用したカメラ映像は保存せず、破棄する。同ソリューション導入の初期費用は税別6万5000円から、月額費用はカメラ1台当たり4000円(月間7ギガバイトの通信量を含む)となっている。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media