音と食の融合 恵比寿ガーデンプレイスに出店した新業態「ブルーノート・プレイス」とは

中原 海渡 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

有名ジャズクラブ「ブルーノート東京」のほか、バーやダイニングを運営するブルーノート・ジャパン(東京都/伊藤洋翔社長)は2022126日、東京・恵比寿に新業態ダイニング「ブルーノート・プレイス」をオープンした。食事をしながら生演奏ライブやDJを気軽に楽しめるコンセプトをめざした同店。出店の経緯やねらいについて、同社の開発担当者に話を伺った。

ブルーノート・プレイスならではのコンセプトとは

 「ブルーノート・プレイス」
「ブルーノート・プレイス」

 ブルーノート・ジャパンが東京・南青山に「ブルーノート東京」を開業したのは1988年のことだ。同店は料理とお酒を味わいながらジャズなどのトップ・アーティストのライブを聴けるクラブとして、30年以上にわたり音楽ファンなどに親しまれてきた。それ以外にも、同社では東京近郊や関西、福岡にレストランやカフェなどを展開している。

 そのブルーノート・ジャパンが2022126日に新しく出店したのが、食事と音楽を融合させた新業態ダイニング「ブルーノート・プレイス」だ。場所は「恵比寿」駅から徒歩約5分の場所にある「恵比寿ガーデンプレイス」内、旧「ビヤステーション恵比寿」の跡地に出店した。同店は1階にライブステージとDJブースを設置し、食事をしながら幅広い音楽ジャンルの生演奏ライブやDJを気軽に楽しめる。席のタイプはダイニングやバー、ラウンジ、個室、テラスとさまざまで、12階合わせて370坪の床面積に約230席を用意する。

1階席
1階席。エントランスからキッチンまで見渡せるようにして広々とした空間を演出している。
2階席
2階席。席の間隔を広く取り、ブルーノート東京よりもゆったりとした空間にしている。
2階席(窓際)
2階席(窓際)。歴史のある建物の風合いを生かすため、あえて床や壁のレンガには手を入れていない。
2階バー席
2階バー席

 屋号に「ブルーノート」が入った店舗は、ブルーノート東京以外ではブルーノート・プレイスのみだ。ブルーノート・ジャパンの店舗開発部マネージャーの松内孝憲氏は、「(両店舗は)屋号は同じだが、コンセプトが異なる」と説明する。

 続けて松内氏は「ブルーノート・プレイスでは、入店する目的をダイニングに置いた。チケット代が発生するブルーノート東京とは異なり、ブルーノート・プレイスはあくまで『飲食を楽しむ』ことを優先している。その食事を楽しむ時間、空間の中に、音楽をどう組み込むかを念頭に置いて店づくりをした」と語る。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media