オーケー最新店「青葉台店」レポート 冷凍食品売場がさらに進化

2023/03/23 05:55
大宮 弓絵 (ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長)
Pocket

パエリアに弁当、和菓子…
充実のラインアップ

最終主通路で展開する冷凍食品売場でも独自商品が見られた。
  たとえば、オーケーオリジナル商品として、ゴロゴロとした具材乗ったパエリアを販売し、来店客の目をひいていた。

オーケーオリジナル商品のパエリア
オーケーオリジナル商品のパエリア

 そのほか、低糖質弁当や、化学調味料・保存料不使用のこだわりのギョーザ、和菓子など幅広いラインアップを揃える。

 二宮社長は「冷凍食品は、ロスの管理という点でもオーケーでは早期から強化してきたカテゴリー。保存性の高さや、ロスが少ないぶん低価格を実現できる点など、お客さまにもメリットを感じてもらえるはずだ。すでにオーケーのお客さまでは、さまざまな商品を冷凍で購入することに慣れている方が多い」と話す。

 成長カテゴリーであり各社が販売を強化している冷凍食品。オーケーでは、先進的に売場展開、商品開発を進めており、今後もその進化に注目だ。

【オーケー青葉台店】
所在地 :神奈川県横浜市青葉区青葉台2-2-2
営業時間:8:30~21:30
売場面積:969.92㎡(293.40坪)

記事執筆者

大宮 弓絵 / ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長

1986年生まれ。福井県芦原温泉出身。同志社女子大学卒業後、東海地方のケーブルテレビ局でキャスターとして勤務。その後、『ダイヤモンド・チェーンストア』の編集記者に転身。最近の担当特集は、コンビニ、生協・食品EC、物流など。ウェビナーや業界イベントの司会、コーディネーターも務める。2022年より食品小売業界の優れたサステナビリティ施策を表彰する「サステナブル・リテイリング表彰」を立ち上げるなど、情報を通じて業界の活性化に貢献することをめざす。グロービス経営大学院 経営学修士

1 2 3

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態