「洋風」「価格」「簡便性」を意識しレイアウトを大幅刷新!「いなげや練馬中村南店」レポート

松岡 瑛理
Pocket

いなげや(東京都/本杉吉員社長)は11月14日、東京都練馬区に「いなげや練馬中村南店」以下、練馬中村南店)をオープンした。「ina練馬中村南店」(以下、旧店)をスクラップ&ビルドにより業態刷新したもので、生鮮・総菜売場を強化し、30~50代のヤングファミリー層の取り込みをねらう。その売場づくりをレポートする。

いなげや練馬中村南店
いなげや練馬中村南店

社会情勢の変化により

店舗形態を見直し

今回のいなげやの業態刷新は、ハード面と店舗運営面、双方の背景がある。

ハード面については、旧店は、1979年10月に「いなげや」としてオープンし、その後小型の食品ディスカウントストア業態「ina21」に転換するも、23年10月29日に閉店。44年間にのぼる営業期間の中で、施設の老朽化に伴う課題が目立つようになり、10年ほど前から建て替えに向けた協議を行ってきた。

店舗運営面については、「ina21」のコンセプトは「EDLP」(エブリデー・ロープライス)。従業員3~4人の体制で、かつ取り扱い商品も絞り込んで発注・陳列作業を効率化し人件費を削減。また、チラシの発行も減らすなどの施策で、ローコストオペレーションの経営手法を取ってきた。

しかし近年はデジタル化が進み、いなげやを含む全店でチラシの発行頻度が減少。さらに物価高の上昇が続き、従来の売価を維持することが難しくなり、「ina21」と「いなげや」業態の差が縮まっていた。

こうしたことから、「ina21」業態に見直しをかけるとともに、旧店時代に改善を求める声が多かった生鮮・総菜部門を強化するという判断のもと、今回のスクラップ&ビルドでは食品スーパー(SM)業態である「いなげや」を選んだ。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態