強さも課題も顕在化!オークワ跡地に出店した「ロピア三田対中店」の売場づくりを解説!

矢野清嗣
Pocket

ロピア(神奈川県)が兵庫県5店舗目となる「ロピア三田対中店」(兵庫県三田市:以下、三田対中店)を2022年9月3日にオープンした。2022年5月の中部進出に続き、直近では、かねて噂されていた台湾への出店が正式に発表されるなど、2022年も話題に事欠かなったロピア。「三田対中店」ではどのような売場づくりをしていたのだろうか。現地に足を運んだ。
調査日:2022年11月5~7日※本文中の価格はすべて本体価格

ロピア三田対中店の外観

オークワ跡地に居抜き出店!

 ロピアにとって、三田市2店舗目となる三田対中店。兵庫県の南東部に位置する三田市は、大阪・神戸の衛星都市として発展してきた経緯があり、約10万8000人の人口を抱える(2022年11月末時点)。

 店舗は神戸電鉄三田線「三田本町」駅から直線距離で約500mの場所にあり、周辺は田園風景も残る住宅街が広がる。約5km離れた場所には、2022年3月に開店した「兵庫三田店」がある。

 三田対中店は、2022年3月に閉店した「オークワ三田店」の跡地に出店している。同じ建物内には、100円ショップの「ダイソー」が入り、隣にはホームセンターの「コーナン」もある。

 一般的に、居抜き店舗は“当たり外れ”が大きく、出店する際は慎重に検討する必要がある。だが、これまでもロピアはピークを過ぎた商業施設に出店してきた経緯があり、居抜き店舗を再生するノウハウを持っているのだろう。直近の関西・中部エリアの出店は、居抜き出店を基本としている。

人手不足が最大の課題?

 売場を見ていこう。売場面積はロピアのほぼ標準となる約550坪(歩測)。おなじみの「生鮮一体ゾーン」は約170坪(歩測)で、売場スペース構成比は33%と、近隣の「兵庫三田店」(25%)より高く、生鮮を重視する姿勢が窺える。日配のスペース構成比は21%で、生鮮との合計では54%と、商品構成は一般的なスーパーマーケットとほぼ同じと見ていいだろう。

 売場を歩いていて気になったのは、スタッフを募集するメッセージだ。鮮魚売場では、「写真を撮るのならロピアで働いてみませんか」と、価格調査に訪れる同業者に向けたメッセージを掲示していた。調査期間中、売場を観察していてもスタッフの姿をあまり見かけることはなく、商品の補充もあまり行われていないようだった。「人手不足」こそ、ロピアの最大の課題であるのかもしれない。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態