イセタンハウス跡に「大名古屋マルシェ」、成城石井など出店

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

「大名古屋ビルヂング」内「大名古屋マルシェ」に出来る飲食と休憩エリアの完成イメージ
地下1階の大名古屋マルシェには、購入した商品をその場で楽しめる飲食・休憩エリアを設置する

 三菱地所は3月11日、名古屋駅前の高層ビル「大名古屋ビルヂング」(名古屋市中村区)の商業施設「大名古屋ビルShops & Restaurants」の第1期リニューアルオープンを4月28日に決定したと発表した。

 大名古屋ビルヂングは2016年3月の開業で、今年で5周年を迎える。20年8月末には、核店舗として地下1階〜地上2階に入っていた三越伊勢丹ホールディングス(HD)のセレクトショップ「イセタンハウス」が撤退しており、その跡地を中心にリニューアルを行っている。

 地下1階は、新たなにぎわいゾーン「大名古屋マルシェ」とし、高級スーパーの「成城石井」やアインファーマシーズが運営するドラッグストア「アインズ&トルペ」のほか、紅茶専門店、抹茶カフェ、スイーツ専門店などが出店。購入した商品をその場で楽しめる飲食・休憩エリアも設置する予定だ。

 第1期リニューアルでは、計19店舗がオープン。そのうち5店舗が東海エリアで初出店となる。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media