コスモス薬品、大阪・ミナミで複合商業施設を開発、ホテル併設

2019/08/08 14:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

コスモス薬品 大阪・ミナミに複合商業施設
地上1〜2階が商業施設、3〜12階にはホテルが入る

 ドラッグストア大手のコスモス薬品は大阪・ミナミに複合商業施設を開発する。地上12階建ての施設を建設し、1〜2階が飲食店や物販店が入る商業施設、3〜12階がホテルとなる予定だ。2020年11月の竣工を目指す。

 大阪市中央区道頓堀の松竹芸能角座跡地で建物の建設に着手した。コスモス薬品の店舗は1階に入る。テナントの募集は大和ハウス工業が担当する。

 開発地は道頓堀商店街の中にあり、地下鉄御堂筋線・なんば駅から徒歩3分と利便性の高い場所にある。大阪府の訪日観光客数は年間1200万人に達しようとしており、外国人旅行客を意識したテナント構成になりそうだ。

 ホテルは、エフ・ジェイ ホテルズ(福岡市)が運営する「ホテルフォルツァ」が入居する。

「中央区道頓堀1丁目プロジェクト(仮称)」の概要

所在地 大阪市中央区道頓堀1丁目3番甲ほか
竣工 2020年11月(予定)
敷地面積 約1486平方メートル
延床面積 約7766平方メートル
建物構造 鉄骨造り地上12階建て(コスモス薬品は1階に出店)
施主 合同会社クロード(コスモ訳薬品関連会社)
施行 大和ハウス工業

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media