「輸入フルーツ」にフォーカス!直近では付加価値の訴求が強化される傾向に

Pocket

値頃感のある価格で需要を増やしてきた輸入フルーツだが、直近では輸送コンテナの不足や為替動向の影響を受けて、高値傾向にある。そこで、機能性や希少性など、付加価値訴求が強化される傾向が強まっている。最近の新店から輸入フルーツ売場をピックアップしてみた。

専用コーナー化でカラフルに展開し
情報訴求の充実を図る

 輸入フルーツコーナーでは、バナナ、パイナップル、キウイなど、国内でも消費量の多いフルーツのほか、トロピカルフルーツや、ドライフルーツなども含めて品揃えの幅を拡大させている店舗が多い。

 「セントラルスクエア恵比寿ガーデンプレイス店」では、「世界の果物 中央市場」コーナーを設置。輸入フルーツやドライフルーツ、さらにナッツ類を集約した売場を展開する。

「World Fruit Central Market」のボードを大きく掲げてコーナー展開。品揃えの豊富さで、注目度を高める/セントラルスクエア恵比寿ガーデンプレイス店
「World Fruit Central Market」のボードを大きく掲げてコーナー展開。品揃えの豊富さで、注目度を高める/セントラルスクエア恵比寿ガーデンプレイス店

 「ヨークベニマル牛久上柏田店」は、キウイの平台コーナーに隣接して「輸入フルーツ」コーナーを小さいスペースで設置。

 ヤングココナッツ、ドリアン、ドラゴンフルーツなどを揃えて注目度を高めている。

柱周りを利用して輸入フルーツコーナーを展開。スペースは限られているが、珍しさのあるトロピカルフルーツを集約して展開する/ヨークベニマル牛久上柏田店
柱周りを利用して輸入フルーツコーナーを展開。スペースは限られているが、珍しさのあるトロピカルフルーツを集約して展開する/ヨークベニマル牛久上柏田店

 同様に「ヤオコー八王子鑓水店」も、「トロピカルファーム」のコーナーを展開。バナナコーナーに隣接したショーケースのエンド部分に、ドリアンやマンゴーなどを集約。棚帯で品種を紹介する情報発信を行う。

バナナコーナーに隣接して「トロピカルファーム」コーナーを展開。食べ方や含まれる栄養成分などを棚帯で紹介する/ヤオコー八王子鑓水店
バナナコーナーに隣接して「トロピカルファーム」コーナーを展開。食べ方や含まれる栄養成分などを棚帯で紹介する/ヤオコー八王子鑓水店

 また「カスミ大網店」では、輸入シトラスを、カットフルーツ売場に隣接したスペースでコーナー化。手で皮がむけるタイプなど、幅広い品種のオレンジやグレープフルーツを揃え、選べる売場を展開する。

フルーツコーナー全体で「果物を食べよう ! 」と訴求。その一部にオレンジやグレープフルーツなどの、輸入シトラスを集約したコーナーを展開する/カスミ大網店
フルーツコーナー全体で「果物を食べよう ! 」と訴求。その一部にオレンジやグレープフルーツなどの、輸入シトラスを集約したコーナーを展開する/カスミ大網店

 「ライフ堀川北山店」は、店舗入口すぐの目立つスペースに、輸入フルーツコーナーを設置。

 木箱を組み合わせた什器を使用し、パイナップルやマンゴー、ドリアン、ヤシの実、スターフルーツなどを幅広く揃える。

店舗のコンセプトのひとつに輸入フルーツ強化を掲げ、店頭で専用コーナーを展開。希少性のある種類を含む幅広い品揃えを展開し、付加価値を訴求する/ライフ堀川北山店
店舗のコンセプトのひとつに輸入フルーツ強化を掲げ、店頭で専用コーナーを展開。希少性のある種類を含む幅広い品揃えを展開し、付加価値を訴求する/ライフ堀川北山店

 フルーツの消費量は、コロナ禍以降拡大傾向にあったが、消費者から見て価格メリットが薄れてきている現在、味や品質を含むさまざまな観点からの価値訴求が、これまで以上に重要になりそうだ。

記事執筆者

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局 / 株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局は、DCSオンラインを通じて、食品メーカーやIT・通信などの事業者様が、小売業へPRや協業などを検討する際の最適なパートナーとなります。小売業との協業を増やしたい、小売業へのアプローチをしたいなどのご用命は、ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局へお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態