オカムラ、「オートストア」で実現する新しい顧客体験とは?

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

オフィス家具や店舗陳列什器、物流システム機器等の製造・販売を行うオカムラは、2014年より、ノルウェー発祥のロボットストレージシステム「オートストア」の日本正規販売店を務めている。同システムは土地が狭い日本国内でも実力を発揮し、これまでにないソリューションとして注目を集めている。

ロボットストレージシステム「オートストア」

シンプルな構造で死角のない高密度収納を実現

 「オートストア」は、グリッド上のロボットが高密度に収納されたコンテナの入出庫を行う、ロボットストレージシステムだ。ノルウェー発祥の同システムは96年に開発がスタートし、2004年に販売を開始、現在、アップデートを重ね、第5世代を販売している。

 オカムラは、開発元であるAutoStoreAS 社と直接販売契約を結んでいる唯一の日本企業である。日本の物流改善ニーズにもマッチした同サービスは、産業用部品やアパレル、電子部品、医療用品など、さまざまな業種業態で利用されている。現在、国内で約40件、世界では500を超す導入実績を持ち【図表1】、今、最も急成長している倉庫システムであるといえる。

【図表1】全世界のオートストアの導入実績
【図表1】全世界のオートストアの導入実績(2020年5月現在)

 最も特徴的なのはコンテナを隙間なく積み上げることによる無駄のない高密度の収納にある。通常の平置き棚の倉庫の場合、人手の届かない上部空間や建屋の構造によるデッドスペースが生まれるが、「オートストア」ではアルミ製のグリッドによるスリムな躯体と通路不要の構造で、通常の平置き棚の約3倍の収納力を実現できるとしている。

 作業者は歩き回ることなく、定点でピッキングや補充ができるため、作業効率も大幅に向上。入出庫を繰り返すうちに、自然に高頻度品が上層部に集約されるため、入出庫にかかる時間も短縮されていく。複数台のロボットで稼働しているためシステム全体を止めることなく、1台ずつメンテナンスが可能。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media