低カロリー甘味料市場、間口・奥行きが広がったことで、堅調な市場拡大が続く

ライター:山田陽美
Pocket

継続的な拡大を続けている低カロリー甘味料市場。コロナ特需が一巡した後も堅調に推移している。新規ユーザーの拡大に加え、日常的に使用する人が増えたことで、間口・奥行きともに広がっているようだ。

コロナ特需以降も微増傾向が続く

 コロナ禍における内食機会の増加や健康意識の高まりにより低カロリー甘味料市場は伸長が続いている。KSP-POSデータの低カロリー甘味料の期間通算(2021年9月~22年8月)の金額PIは、913円で対前年同期比4.4%増となっており、月別金額PIではすべての月で前年を上回った。

健康のイメージ
継続的な拡大を続けている低カロリー甘味料市場。コロナ特需が一巡した後も堅調に推移している。(i-stock/maruco)

 ただ、5月~8月の金額PIは微増だが、数量PIでは前年割れとなった。これは6月の値上げによる影響が大きい。さまざまな食品の値上げが行われているが、高額商品から控える傾向にあるようだ。

 また、6月頃から首都圏などの各地でコロナ感染者が増加傾向にあったことから外出を控える人が増え、来店頻度が下がったことも一因と予想される。低カロリー甘味料は継続的に使用する人が多いことからこれは一時的に需要が下がっただけで、引き続き市場は堅調といえそうだ。健康意識の高まりから今後も拡大が予想されるため、日常的に使えるレシピ提案を行っていく必要がある。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media